集中できないのは脳が疲れている!脳疲労の回復の仕方
308views

集中できないのは脳が疲れている!脳疲労の回復の仕方

脳が疲れてしまっていると、集中できなかったり、理解できなかったり…そうなってしまうと、はかどる仕事もはかどりません。そこで、具体的な症状について知り、どのように脳疲労の回復をしていけばいいのか、考えていきたいと思います。

脳が疲れている!回復方法は?

脳が疲れている!回復方法は?

何もしたくない…集中力がない…などの症状がみられた時、脳が疲れているサインです。そんな時、脳を疲労から回復する方法は、運動・栄養・仕事(家事など)の進め方を変えてみる・疑似回復などです。
運動をして脳疲労回復は、運動を行うことで脳の血流を良くして、ストレスを軽減することで、脳の疲労を回復しよう!ということ。栄養による脳疲労回復は、仕事中の水分補給は意外とおろそかなものです。脱水症状は脳への血流を悪化させてしまいます。効率がいい方法として、水をこまめに飲む・温かい飲み物を飲むことが挙げられます。仕事の進め方を変える脳疲労回復ですが、仕事の進め方は脳疲労に大きな影響を及ぼすと言われています。「この仕事嫌。苦手。はじめてやることだ。」と感じるものは心理的ストレスが大きく、「ワーキングメモリ」と呼ばれる情報を一時的に記憶する領域を削減するので、脳があっという間に疲れてしまいます。好きな仕事ばかりしていれば、脳への影響は少ないので脳疲労は軽減されます。ですが、ずっと好きな仕事ばかりできません。面倒な作業の分割や小さくていいので目標を達成するといった、仕事の進め方を変えて脳の疲労を回復してみてください。

脳が疲れてるときの症状ってあるの?

脳が疲れてるときの症状ってあるの?

脳疲労の症状は、認識力の低下と言われています。脳が疲れていると、理解、判断、論理などの人の知的機能を奪います。生産性、作業効率を大幅に低下させるのも脳疲労の症状です。認識力は個人の能力や資質が大きく影響するものですが、個人が持つ認知機能を十分に発揮できない状態になってしまうのです。
その他の症状は、集中力、理解力、思考力、判断力、作業効率、記憶力、表現力、注意力、コミュニケーションの低下。考えるのが面倒になる。ミスの増加。もの忘れ。などです。当てはまる症状はありましたか?もし、当てはまる症状がありましたら、回復方法を試してみてください。

疲れにくくなる生活はないの?脳が疲れにくくなるコツ

脳が疲れにくくなるコツ

脳が疲れにくくなる生活を送るためにはどうしたらいいのでしょうか?ちょっとしたことで脳を疲れにくくすることができます。紹介していきますね。
ズボンやスカートを履くとき、いつもとは反対の足から通してみましょう。これは、普段の生活をほんのちょっと変えるのが狙いです。日々当たり前のようにやってきたことと違うことをやってみると、脳が活性化して自律神経が高まるといわれているからです。作り笑顔でもかまわないので、笑ってください。「笑い」には脳の疲労を取り除くのに効果があるといわれているんです。自律神経には交感神経と副交感神経があります。副交感神経は血行を促進させて筋肉の緊張を緩めてリラックスさせる神経です。笑うことで、精神的な疲労が和らぐ…ということです。なので、たとえ作り笑顔でも笑顔に関係している筋肉を動かすので、脳が「笑っている状態」と勝手に判断してくれます。口角を広げて、笑顔の状態を作ってください。あなたがもし、口呼吸をしているのであれば、鼻呼吸に変えてください。呼吸が浅い口呼吸より、呼吸が深い鼻呼吸のほうが副交感神経が活発になってくれます。寝ても疲れが取れないなら、口呼吸かもしれません。見直してみましょう。
何か行動した時は、脳疲労の回復をしようと頑張った自分を褒めて!きっと素敵な時間をすごせますよ。

PR