妊娠初期に貧血、ここでしっかり対応を考えていくことが重要です
343views

妊娠初期に貧血、ここでしっかり対応を考えていくことが重要です

妊娠すると様々な栄養素が赤ちゃんのために利用されますが、特に鉄分は成長に欠かせないため、多くが赤ちゃんに吸収されています。初期は血液の量がぐっと多くなる時期です。体重が増加することで血液の量も多くなりますが、血液内の血漿量がより多く増えてしまうため、血液が薄い状態になり妊娠初期に貧血状態になります。

妊娠初期に貧血ではどのような症状が出る?

妊娠初期の貧血の症状

妊娠中の貧血は妊娠していない方の起こす貧血よりも症状が強く出る事が多いです。寒気を感じたり、頭痛がひどくなったり、ただ、妊娠中は簡単に頭痛薬などを飲むことができませんし、頭痛がほかの病気の可能性も否定できないため、必ず医師に相談し治療を受けるようにしましょう。めまいやだるさ、疲労が取れないなどの症状もあります。

妊娠初期は周りの方々に妊娠しているとわかってもらえないことも多いため、できれば職場の方などにも妊娠していることを告げておくと安心です。貧血症状がひどい場合には、ふらつくなどの症状も出てきますので、階段の上り下りなどにも注意を配ってください。

貧血が進むと息切れ、悪寒に近い寒気を感じる方も出てきます。息切れが起きるまで貧血を放っておかず、だるい、頭が重いなどの症状があった場合、医療機関でしっかり検査を行っておく方が安心です。妊婦さんは血液がお腹に集中しやすいため、立ち上がる時にふらついたり、立ちくらみで立っていられないなどの症状も出てきますので、お風呂や立ち仕事などでも油断しないように心がけましょう。

妊娠初期は後期と違い脳貧血を起こす事も多いので注意が必要です

貧血気味の方は貧血の症状、また前触れがわかっていて、倒れる前に座るなど対応できますが、妊娠初期に初めて脳貧血を経験したという人は対応できなかったという人も多いです。
脳貧血になるとすっと立った時や姿勢を大きく変えたときなどにいきなりフラッと立ちくらみがしたり、目の前にちかちかと光が点滅して目の前が真っ暗になったりします。目が見えにくい、ちかちかする、なんだか足が地面についていない感じがする人は、脳貧血の可能性が高いです。

妊娠初期は後期と違い脳貧血起こす可能性が高い

脳貧血の場合、妊婦健診で血液検査の内容が良くても起りうる貧血なので、数値がいいから貧血の症状が起こらないという事はありません。胎盤が成長するとそれに比例するように血液濃度が薄くなるため、貧血になりやすいと考えておくことが必要です。妊娠前から貧血だったという人はより症状が強く出るので、食事、生活習慣の改善などを行い対応していくことが大切です。

初期から中期に移行すると脳貧血よりも鉄欠乏性貧血が多くなります。妊娠されている女性の30%くらいが鉄欠乏性貧血になるといわれていますので、鉄分が多いバランスのいい食事を心がけましょう。

妊娠初期の貧血から始めておきたい鉄分の多い食事

妊娠初期の貧血予防食品

妊娠初期は鉄分不足による貧血ではなく、他の要素による貧血が多いのですが、中期、後期となっていくと、鉄分の不足による貧血が多くなります。赤ちゃんの為にも、鉄分が多い食事を、初期から意識して行う事が必要です。
初期は鉄欠乏性貧血が少ないからと栄養素を考慮した食事をしていないと、赤ちゃんにも影響します。つわりの時期が過ぎたらバランスのいい食事を考えていきましょう。

鉄分が多い食材というと、ヒジキ、アサリなどの貝類、レバーなどです。ヒジキは食物繊維も豊富で、妊婦さんに多い便秘にも効果的なので、薄味で調理し常備菜として作り置きしておくといつでも食べる事ができ、貧血予防食に活かせます。

PR