女性の5人に1人が貧血予備軍!?どうして貧血になるの?貧血に効く対策や食べ物について
377views

女性の5人に1人が貧血予備軍!?どうして貧血になるの?貧血に効く対策や食べ物について

今や女性の5人に1人が貧血予備軍と言われているほど身近な症状である「貧血」女性特有の悩みでもありますが、どうして女性に貧血が多いのでしょうか?そして、その貧血の対策はどうするれば良いのでしょうか?貧血に効く食べ物などの予防、対策についてまとめました。

どうして多い?女性の貧血

女性の貧血

そもそも、貧血というのは、血液中の鉄分が不足していることによって、血液で運ばれる酸素が不足することで酸欠状態になり、めまい、立ちくらみなどの症状を訴えるものです。体内の鉄分が不足する理由としては、過度のダイエット、消化器系の疾患、生理中、授乳中、成長期などで体内で鉄分を多く必要とすることによって、鉄分不足となり、酸欠状態になってしまうことを言います。
実際に、胃がんや十二指腸潰瘍などの消化器系の疾患の場合は、貧血で倒れたりすることもありますし、女性は月に一度の月経で出血をしてしまうために、その時期だけ血液が不足してしまいます。男性の場合、男性ホルモンで血液を作る働きがありますが、女性の場合、男性に比べて男性ホルモンが少ないために、体内で作られる血液量が男性に比べて低いことで、貧血になりやすいということもあります。

貧血になったら・・・どういう症状?

前述の通り、血液が不足するということは、血液内の酸素が不足します。つまり、体内の酸素が少なくなってしまうために、酸欠状態となり、めまい、立ちくらみはもちろん、動悸、息切れやひどい場合には吐き気などももよおす場合もあります。そうなった場合には、静かに横になって安静にすることやベルトなどを緩めて、血のめぐりを良くさせることなどをしましょう。

鉄分を摂れば良い!というわけではありません!

鉄分が豊富な食材は沢山あります。上手に取り入れなければ、あまり意味がありませn。
自分の体が鉄分を生成することはできません。ですから、鉄分が含有されている食材を積極的に摂ることが大切です。ただし、やみくもに鉄分が豊富だから良いということではありません。以下に、鉄分を摂取する際に気をつけることを挙げます。

「ヘム鉄」が豊富なレバーは貧血に効果的!

女性の貧血にはヘム鉄が豊富なレバー

一概に鉄分といっても、「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の2種類があります。「ヘム鉄」は、鉄分の栄養分を体内に取り込みやすい食材です。貧血に効く「ヘム鉄」は鉄分の栄養分を体内に取り込みやすい食材です。代表的な食材が「レバー」と「カツオ」や「マグロ」といった赤身の魚です。これらは、体内に取り込みやすい「ヘム鉄」の代表的な食べ物です。

「非ヘム鉄」の食材は、体内に取り込める率が低い鉄分になります。

43f7c5951b3e5ad032cbb574b0762392_s

ひじきや海苔などの海藻類、やホウレンソウや小松菜、貝類などは「非ヘム鉄」の食材です。ただし、これらの食材はタンパク質と一緒に取り入れることによって、鉄分の吸収率も変わってきます。ですから、これらの食品のときには合わせて大豆、卵、肉などと一緒に取り入れることで吸収力を上げましょう。

鉄分にビタミンCは欠かせません!

7495f9d447e29c1a19e3cb4e77a1f143_s

いくら鉄分を沢山摂取したところで、貧血にならないわけではないのです。鉄分は、ビタミンCを摂取することで、体内に吸収されます。ですから、鉄分を摂るときには積極的にビタミンCも摂るように心掛けましょう。主に、ビタミンCは野菜類に含まれていますので、ジャガイモやブロッコリー、キャベツや青菜を積極的に取り入れましょう。

貧血に悩むなら・・・これは気をつけよう!

女性が貧血に悩むなら禁煙しよう

逆に、ビタミンCを破壊したりするものを摂るのもやめましょう。貧血になりやすいのであれば、出来る限り禁煙することをおススメします。喫煙は、体内のビタミンCを破壊してしまいます。ですから、せっかく摂った鉄分もビタミンCも体内に吸収されづらくなります。また、食事中は、コーヒーやお茶ではなく、麦茶や水などにするようにしましょうコーヒーやお茶に含まれている「タンニン」は、体内への鉄の吸収率を下げる作用があります。

PR