身体が温まらない原因は?教えて!冷え性を改善するための方法
93views

身体が温まらない原因は?教えて!冷え性を改善するための方法

お風呂にしっかりと入っているにも関わらず、身体が温まらないという方はいらっしゃいませんか?身体が温まらないのには理由があります。身体が温まらないのは、お風呂の入り方に問題があることも。冷え症で悩む方へ身体の温め方と冷え性改善の方法をご紹介します。

身体がいつも冷たい!冷え性をなんとかしたい!!

冷え性なので、熱めのお湯につかっているという方、熱いお湯に浸かっているだけでは、身体を芯からあたためることはできません。

身体が温まらないことをなんとかしたいと考えている方へ、正しい入浴の仕方と冷え性改善の方法をご紹介しましょう。

毎日どうやってお風呂に入っていますか?

毎日どうやってお風呂に入っていますか?

冷え性の方は、とにかく身体を温めようと、熱いお湯に長く使っているのではないでしょうか?熱いお湯に長く使っても身体が温まらないという方、それには理由があります。

熱いお湯に長く入ることで、血流が悪くなってしまい、自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。その結果、体を冷やしてしまうことにつながるのです。では、身体を温めるための正しい入浴法はどのようなものなのかみてみましょう。

【身体を温める正しい入浴法】

①お風呂の温度は39~40度程度の少しぬるめ。
②入浴時間は15分程度。全身浴5分、半身浴10分。
③最初にかけ湯をして首までしっかりと使って全身浴をする。
④体や髪を洗った後は、半身浴をしてお風呂から出る。

冷え性を改善するための方法とは?

少しぬるめのお湯で、全身浴と半身浴をすることで、身体を温められることがわかりましたね。では次に、入浴以外で冷え性を改善するための方法についてご紹介しましょう。

冷え性を改善するための【エクササイズ】

冷え性を改善するための【エクササイズ】

冷え性を改善できるエクササイズをご紹介します。

【かかとの上げ下げ】

①足を肩幅よりも少し狭くして立ちます。
②両手を太ももの横につけます。
③両足のかかとを上げて、下げてを10回繰り返します。

【スロースクワット】

①両足は肩幅と同じくらいに開いて立ちます。
②両手を後頭部で組んでゆっくりとしゃがみこんでいきます。
③しゃがんだときに、上半身が膝より前に出ないようにします。
④空気の椅子に座るような姿勢で10呼吸保ちます。
⑤ゆっくりと膝を伸ばして最初の姿勢に戻ります。

冷え性を改善するための【習慣】

冷え性を改善するための【習慣】

冷え性を改善するための習慣についてご紹介しましょう。

冷え性を改善するためには、まず朝起きた時にお白湯を1杯飲むことから始めましょう。お白湯を飲むことによって、起きたての胃と腸が温められ、代謝を上げることができます。

朝起きたときに、紅茶やコーヒーを飲むという方が多くいらっしゃるかもしれませんが、それをお白湯に変えてみてください。紅茶やコーヒーにはカフェインが多く含まれており、交感神経を刺激してしまうため、血管を収縮させてしまいます。明日から朝はお白湯にして、身体を芯からあたためましょう。

冷え性を改善するための【食べ物】

冷え性を改善するための【食べ物】

冷え性を改善するための食べ物をご紹介します。冷え性を改善するためには、寒いときに採れる食べ物が効果的です。小松菜やくるみ、たらやブリなどを食べて冷えを改善しましょう。また、寒い地方で採れるリンゴや玉ねぎなども冷え性の改善にはおすすめです。

また、そばや黒豆、黒ゴマなどの色の濃いものや、えびやにんにく、しょうゆなど塩分濃度が高いものも身体を温めてくれます。

身体を温めたいときには、ホットミルクやジンジャーティーなどの温かい飲み物を飲まれると思います。温かい飲み物を飲む時には、エキストラバージンオリーブオイルを加えてみましょう。身体を温める効果が倍増します。

PR