妊娠中のカイロの使用で赤ちゃんに影響がある?
16,901views

妊娠中のカイロの使用で赤ちゃんに影響がある?

妊娠中のカイロの使用で赤ちゃんに何らかの影響があるのか、という不安や疑問を持っている女性は少なくありません。寒い時期にはどうしてもカイロを使いたくなりますが、赤ちゃんに影響があるとなると怖いですよね。。ここでは妊娠中のカイロ使用について情報をまとめています。

妊娠中のカイロの使用はダメ?

妊娠中のカイロ使用

寒い冬などにはカイロの存在がありがたいですよね。最近流行りの貼るタイプならどこにでも貼ることができますし、寒い冬を乗り切るためのアイテムとして重宝している方も多いでしょう。しかし、そんなカイロですが妊婦が使用することに問題はないのでしょうか。お腹周りを冷やさないためにとカイロをお腹に貼っているような方もいますが、こうした行為が赤ちゃんに何かしらの影響を与えてしまうのでしょうか。

これは産婦人科医師によって意見が異なるようで、医師によってはイイという方もいればダメという方もいるみたいです。もともと人間の身体というのは体温を調節する機能が備わっていますし、お腹の赤ちゃんが将来的に自律神経を鈍らせてしまう可能性があるとも言われています。使うにしても常時貼り付けたままではなく、時々お腹を温める程度にしておいた方がイイのかもしれません。

カイロを使って腰痛がおさまる?

妊娠中の腰痛
多くの妊婦を悩ませている腰痛ですが、特に妊娠後期になればなるほど腰痛が酷くなることがあります。腰が痛いとただでさえ動くのが億劫なのに余計動きたくなくなりますし、寝ている時も腰が痛くて目が覚めるということもあります。妊娠中の腰痛というのはお腹の赤ちゃんが内臓を圧迫することが原因で起きると言われていますが、それに加えて下半身が冷えることでより腰痛を悪化させてしまうことがあります。

女性は特に冷え性の方が多いですから、知らず知らずのうちに下半身が冷えてしまっていることは多々あります。こうしたケースではふくらはぎとくるぶしのあいだにカイロを貼ることで腰痛を緩和できると言われています。この部分は下半身の血流を司るポンプのような役割をしていますから、ここを温めることで下半身の血行を良くすることができるのです。温められた血液が心臓に戻されますから、その過程で腰も温めることができるのです。

使用する時は服の上からがベスト

近年では衣服に貼りつけるタイプのカイロが主流となっていますが、確かに貼るタイプのカイロだと背中や腰などあらゆる部分を温めることができますから便利です。妊婦でも使っている方は大勢いますし、外出時には欠かせないという方も多いのではないでしょうか。このタイプのカイロは基本的に服の上から使用するのですが、人によってはもっと温かくしたいからと直接肌に貼ってしまうようなこともあるみたいです。しかし、これはいろいろと問題があるためおススメできません。
妊娠中のカイロの注意点
直接肌に貼ってしまうと火傷の原因にもなってしまいますし、肌着の上からでも低温やけどを起こしてしまう可能性があります。また、特に妊娠中というのは肌がより敏感になっていますから間違っても肌に直接カイロを貼りつけるようなことはしないようにしましょう。

基本的には医師の言葉に従うこと

妊娠中のカイロ使用ですが、基本的にはお世話になっている産婦人科の医師に相談してその言葉に従った方がイイでしょう。医師によって意見が異なるとは思いますが、相手は妊娠と出産に関するプロフェッショナルですからもっとも信頼できる意見を述べてくれるのではないでしょうか。カイロを使用するかどうかで迷っているのなら一度素直に聞いてみることです。

PR