冷えは女性にとって大敵です!冷房病の症状とは?
30views

冷えは女性にとって大敵です!冷房病の症状とは?

冷房病の症状には身体が冷えたり、頭痛や下痢、腹痛などがあります。長時間、冷房に当たることによって冷房病になりやすくなります。冷房病の原因は、身体の体温調節機能が働かなくなり、自律神経が乱れてしまうことにあります。冷房病になると、女性の身体にも影響が出てきます。月経周期が乱れることもあります。

冷房病の症状とはどんな症状なの?

冷房病の症状にはさまざまなものがあります。

冷房病の症状には様々なものが。

冷房病の症状には、肩が痛くなったり、頭がズキズキと痛んだり、身体全体がだるく、やる気が起こらなかったり、手足が冷たくなる、下痢や腹痛などがするなど、実にさまざまなものがあります。

長時間、冷房の中にいると自律神経が乱れます

自律神経が乱れます

暑い夏場は、血管を広げて熱を逃がそうとします。

そのため、人は汗を出し、自分が出した汗によって身体をクールダウンさせます。逆に冬場は、身体中の血管を縮ませ、身体の熱を体内にとどまらせようとします。

人の身体は自然の気温に合わせて体温調整することができるのですが、エアコンの空調が効いた環境に長時間居続けることによってそれが不可能になってしまいます。

冷たい風の当たる冷房された室内に居続けることによって、身体の自律神経の働きも悪くなり、夏場にも関わらず、身体は冬の反応をしてしまうのです。

そのため、冷気で満たされた室内から、暑い外へ出ると、身体は夏の反応をしようとするのですが、自律神経がそれについていくことが出来ず、人間の身体に本来備わった体温調節の機能が働かなくなってしまうのです。

冷えは女性の身体に大敵!

女性の身体と自律神経との関係

女性の身体はとてもデリケート

女性の身体はとてもデリケートです。

毎月の月経や排卵などは、すべて女性ホルモンに支配されています。また女性ホルモンは自律神経が乱れることによって、すぐに影響を受け、分泌やバランスも崩れてしまうのです。

冷房によって自律神経が乱れやすくなる夏場は、女性にとっても大変な季節でもあるのです。骨盤内が冷えてしまったり、生理痛が酷くなってしまったり、頭痛などの生理前の症状も酷くなってしまいます。

また月経周期が乱れてしまうため、体調不良が続いてしまう場合もあります。

冷房病にならないようにするには

エアコンの設定温度を少し高めに

自宅にいる場合は夏場はエアコンの設定温度を少し高めにしましょう。

オフィスにいる場合は、自分で温度調整が出来ない場合がほとんどです。そこで、エアコンの風が直接身体に当たらないように、カーディガンなどを一枚羽織ったり、膝かけをかけたりして、温度調節するようにしましょう。

また温かい飲み物を飲むと効果的です。仕事から帰宅したら、温かいお風呂に浸かるのもよいでしょう。自律神経を整えるには、近所を散歩するなど軽めの運動も効果があります。

またできるだけ規則正しい生活を送るようにすると、自律神経のバランスが整うので、冷房病対策をすることが出来ます。

乱れてしまった自律神経を元に戻すには

うなじにドライヤーの温風を数秒当てるだけで、自律神経を整えられる

早朝に会社へ出社し、夜遅くまでオフィスで残業をされている方の場合だと、毎日相当な時間、冷たいクーラーの冷気に当たり続けていることになるでしょう。

こんな状態が何カ月も続くと、当然自律神経は乱れっぱなしです。

そこで乱れてしまった自律神経をある電化製品を使って整える方法があります。

それはドライヤーです。

首の後ろ、うなじ部分にドライヤーの温風を数秒当てるだけで、乱れてしまった自律神経を整えることが出来ます。また入浴をした際には、この部分に温かいシャワーを当てるのも効果的です。

の後ろを温めることによって、自律神経の乱れを整える以外にも、身体全体を温めることもできます。

冷房病による冷えに悩まれている方は是非お試しください。

PR