子宮の冷えは体調不良の原因になります!子宮を温めて女子力アップさせよう
130views

子宮の冷えは体調不良の原因になります!子宮を温めて女子力アップさせよう

子宮の冷えが原因で体調不良を引き起こします。子宮が冷えていることで、風邪をひきやすくなり免疫力が低下します。また月経不順や月経時のトラブルなども起こります。新陳代謝も悪くなってしまうため、肌の調子も悪くなってしまいます。子宮を温めるだけでこうした体調不良が改善され、毎日を快適に過ごすことができます。

子宮の冷えを甘く見ていると大変なことになります

子宮の冷えは全身の不調に

子宮の冷えは全身の不調に
子宮の冷えは全身の体調不良に繋がります。
子宮が冷えていると、身体の血流が悪いため、子宮だけではなく末端の手や足先も冷えている状態です。
血行が悪い状態であるため、身体の免疫力も低下し、風邪をひきやすくなります。
また顔色も悪くなり、肌にもツヤがなくなります。子宮の冷えは身体だけではなく、精神的にも不安定になってしまいます。
気持ちが暗くなり、マイナス思考になってしまったり、鬱になってしまうこともあります。

子供が欲しい人は子宮の冷えには気をつけて

子供が欲しい人は子宮の冷えには気をつけて子宮が冷えていると妊娠しにくくなってしまいます。子供が欲しい方は子宮の冷えには気を付ける必要があります。

女性にとって子宮の冷えは大敵でした

子宮はとても大切な器官です

毎月来る生理、憂鬱だなあと思う方もいるかもしれません。子宮は常に大量の血液が集まってくる場所でもあります。子宮が温かく、正常に機能していれば、毎月の生理も規則正しく訪れ、生理の時期を快適に過ごすことができます。また子宮の状態が快適であれば女性ホルモンの分泌も順調であり、女性ホルモンの恩恵を受けることができるのです。女性ホルモンがバランスよく分泌しつづけていれば、美肌効果や美髪効果も期待することができるのです。

子宮はどうしたら温まるの?

服装に気をつけるだけで子宮の冷えが解消されます

服装に気をつけるだけで子宮の冷えが解消されます
では子宮を温めるにはどうしたらよいのでしょうか。それは、服装に気を使うだけでよいのです。ミニスカートや襟元の開いた洋服はオシャレを楽しむことができますが、身体が冷えてしまいます。特に冬場は肌の露出は止めた方がよいでしょう。子宮を手っ取り早く温めるには、靴下を重ねばきしたり、腹巻をして温かくするだけで、子宮の冷えを解消することができるのです。

運動をすると温まります

子宮の冷えは運動をすると温めることができます。ウォーキングをしたり、骨盤回しをすることで、子宮の冷えを解消することができます。全身がぽかぽかとして、血行がよくなり、身体の脂肪が燃焼されるため、身体が温まります。

カイロをお腹に当てるだけで温まります

カイロをお腹に当てるだけで温まります
子宮を温めるには、カイロの力を借りるとよいでしょう。カイロをお腹に当てたり、市販の蒸しパットを利用するとよいでしょう。蒸しパットはナプキンの形をしたカイロのようなものです。子宮を直接温めることができるので、効果抜群です。

湯船に浸かると子宮を温められます

子宮を温める方法として湯船に浸かることも有効です。全身の血行がよくなり、身体が温まります。

夏の冷房、冬の寒さに気をつけましょう

子宮の冷えを防ぐには、夏の冷房や、冬の寒さに気をつけ、対策をする必要があります。冷房が効いた職場なら、長袖のカーディガンを羽織ったり、ひざかけを使うとよいでしょう。また冬は特に子宮が冷えやすい時期でもあるので、足元と首元を温めると体温を逃がさずに済みます。靴下をはいたり、襟元の詰まった服を着たり、マフラーなどで防寒するとよいでしょう。

夏も温かい飲み物を飲むと効果があります

暑い夏は、ついつい冷たい飲み物や食べ物が欲しくなります。しかし、夏場も冷たい物を摂り過ぎると、身体や子宮が冷える原因となるので、体調不良を招く元になりますので、気をつけましょう。

PR