冷えか確認しよう! あなたの体の冷え性チェック
258views

冷えか確認しよう! あなたの体の冷え性チェック

冷えか確認をしたことはありますか?冷えを起こしていると体の様々な部分に症状が出てきます。冷え性チェックをしてみましょう。また、冷え性をどのように改善すればよいのか、冷え性対処法についてもご紹介します。

体が冷えると危険な状態に!

女性に多い冷え性。体が冷えてしまうと、病気や様々な症状を引き起こします。あなたが冷えか確認をしてみましょう。

体が冷えるとどうなる?

体が冷えるとどうなる?
冷えを起こすと、様々な病気が起こります。どのような問題が出てくるのかをみていきましょう。

【風邪をひきやすくなる】

体温が1度下がってしまうと、免疫力がおよそ6割程度になってしまいます。体が冷えを起こすことによって、風邪をひきやすくなり、炎症が起こりやすくなります。

【生理のトラブル】

体が冷えると、骨盤内の血流も悪くなります。卵巣の血流も滞ってしまうため、卵巣機能が低下し、生理不順となることがあります。また、生理が起こったときにも、子宮周辺に血液がたまってしまうため、生理痛が起こるようになります。子宮内の血流が悪くなることによって、卵巣機能が低下し、着床時に子宮内膜が厚くなりません。そのことが原因で、赤ちゃんができにくい不妊症となってしまいます。

【痩せにくい】

冷えると体の代謝が悪くなってしまいます。冷えている部分は特に痩せにくくなり、血流が悪くなるのでむくみが出てきてしまいます。

体が冷えるとよくないことばかりですね。では次に、実際に体が冷えているのかどうか、冷えか確認してみましょう。

冷えか確認しよう

冷えか確認しよう
あなたが冷えかどうかを確認してみましょう。冷えだと顔、上半身、下半身にどのような症状が出てくるのでしょうか?下記の症状にどのくらい当てはまるかをチェックしてみましょう。チェックが多いと、冷えの可能性が高いです。

【顔の症状】

・目の下のくま
・鼻の周りが赤い
・唇が紫がかっている
・顔全体が赤くなる
・顔に汗をかきやすい

【上半身の症状】

・手のひらが赤い
・指先がいつも冷たい
・首周りが冷たい

【下半身の症状】

・お腹が冷たい
・下肢静脈瘤がある
・足先がいつも冷たい

どうする?冷え対策

冷え性になると病気を引き起こすことがあるため、冷え性の対策をすることが大切です。冷え性の改善方法をいくつかご紹介しましょう。

【食事】

体を温める食べ物を食べて、体の内側から対策をしましょう。

体を温めてくれる食べ物は、冬の季節に採れるだいこんやかぶ、れんこんなどです。また、土の中にできる野菜であるごぼうやにんじん、じゃがいもも体を温めてくれます。また、豚肉やマグロ、いわしや卵などにはビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は、糖質を燃やしてエネルギーを生み出してくれるため、体をあたたかくしてくれます。体を温める食べ物を

【入浴】

体を温めるためには、毎日湯船に浸かることが大切です。お風呂に入ることが面倒だからと言って、シャワーですませてはいないでしょうか?夏の季節もぬるめのお湯に、長めにつかって体を温めましょう。湯船に浸かることが大切

【運動】

週2、3回以上は、定期的に運動をすることが大切です。時間は30分以上を目安として行いましょう。ウォーキングやヨガなどは、運動をすることが苦手な方にもおすすめです。ハードな運動よりもゆったりとした運動を継続することが大切です。定期的に運動をすることが大切

【冷房は控える】

体温が上がる季節である夏に、冷房を使って体を冷やしてしまうと、血液の流れが悪くなってしまいます。冷房はなるべく使わずにしましょう。会社や学校などでは、靴下やひざ掛けなどで冷え対策をして乗り切りましょう。

PR