内臓型冷え性はどんな症状が出る?内蔵型冷え性の改善方法は?
350views

内臓型冷え性はどんな症状が出る?内蔵型冷え性の改善方法は?

内臓型冷え性は、体温が36度3分より低い、おなかの上の方の部分が下の方の部分より冷えていると感じる場合になっている可能性があります。冷めたいものを多く飲んだり、規則正しい生活を送りにくかったりすることが原因になります。おなかが張る、冷えるなどの胃腸の症状やシミやニキビの色素沈着などの症状が出ます。

内臓型冷え性と他の冷え性

あなたの内臓も冷えすぎているかもしれない

内臓型冷え性というのは、いくつかある冷え性の中のひとつです。冷え性には、手足だけが冷たくなる冷えや、下半身が冷える冷え性の他に、内臓型冷え性という冷えがあります。内臓型冷え性かを判断するのは、体温が36度3分よりも低い場合や、おなかの下腹部と、肋骨から下の部分のおなかの上の部分を触った際に、肋骨から下の部分のおなかの上の部分が冷えている場合に、内臓型冷え性である可能性が高いといわれています。

冷え性は、体で熱を作りだし、それを体へと届け、熱を逃がしていく働きのどこかでうまく作用されていない状態で起こります。冷え性になると、肩凝りや肌荒れなどの症状もあらわれます。

健康にも配慮を

冷え性の原因はダイエットや、体を冷やす食材を多く摂っていることも挙げられます。ダイエットを考える際には栄養バランスを考慮し、健康に影響が出ないよう配慮することも大切です。

内臓型冷え性であらわれる症状とは

症状は自覚しにくい

内臓型冷え性は、冷え性になっていても自覚しにくいことが多いといわれています。冷めたいものを飲む習慣があったり、規則正しい生活習慣が送りにくかったり、自律神経が乱れていたりということが原因として挙げられます。暑い時期に喉が渇く、多忙であったり、ライフスタイルの関係から規則正しい生活サイクルが難しいなどから、内臓型冷え性になっている場合もあるかもしれません。冷めたいものを飲む回数を調整することや、疲れを感じている時は早く寝るなど、できる範囲から心がけで、内臓型冷え性が改善されていくとよいのではないでしょうか。

生活習慣が乱れていると内蔵型冷え性は治りにくい

おなかが張る、おなかが冷えるなどおなかの調子が順調でないことが多い場合にも、内臓型冷え性の症状である可能性が考えられます。内臓型冷え性は、胃腸の健康へ影響が出やすくなるためです。

肌トラブルの原因にも

美容においても内臓型冷え性になっている場合、肝機能や消化機能の働きが低下することから、肌のトラブルも出やすくなります。シミやニキビの色素沈着やシワなども出やすくなります。肌が作られるのに必要なコラーゲンやエラスチンの合成もされにくくなります。また、内臓型冷え性になると、全身が太りやすくなり、ダイエットの効果が得にくくなります。これは基礎代謝が悪くなることが原因でやせにくくなっていることからです。

内臓型冷え性の改善方法

内臓型冷え性では、おなかを冷やさないことが重要です。おなかを温める腹巻やソックスなどを活用してみましょう。冷えの予防は冬だけではなく、夏も必要です。夏の服装ではおなかが冷えることもありますので、おしゃれをたのしみつつ、冷えについても考慮するとよいのではないでしょうか。

内蔵型冷え性の人は夏のおしゃれを楽しみつつもお腹を冷やさない工夫を

内臓型冷え性の改善には、血行促進がとても有効です。ウォーキングやヨガなどで血流をよくしましょう。寒暖の厳しい時期や疲れている時に冷え性改善のためにと無理をする必要はありませんので、できる範囲で行えるとよいのではないでしょうか。冷えを改善するためには、筋肉を増やすことも大切ですので、スポーツ、体を動かすことを日常の中に取り入れていけるとよいでしょう。またふくらはぎのマッサージも、血流改善効果があります。

食生活の見直しを

内臓型冷え性改善のため、食生活を見直すことも重要です。生野菜や冷たいスイーツは、美味しいものがたくさんありますが、食べ過ぎには注意しましょう。体を温めるのによい食品は、根菜類やねぎや生姜、ニンニクなどです。納豆や漬物などの発酵食品も有効です。そうした食材の中から食べやすいと感じるものを取り入れていけるとよいのではないでしょうか。

PR