野菜不足も原因の1つ?!セリアック病の原因と対処法とは?グルテンフリーの食事で症状の緩和されます!
561views

野菜不足も原因の1つ?!セリアック病の原因と対処法とは?グルテンフリーの食事で症状の緩和されます!

セリアック病の原因と対処法について紹介します。セリアック病は小麦などに含まれるグルテンが小腸を傷つけることで引き起こされる自己免疫疾患の1つです。症状は風邪の諸症状から慢性疲労、うつ病、関節痛など多岐に渡ります。食事からグルテンを排除することで症状は緩和されます。

セリアック病の原因と対処法とは?

セリアック病は小麦などのグルテンが自身の小腸などにダメージを与える自己免疫型疾患

セリアック病はアメリカでは100人に1人程度が発症している自己免疫疾患の1つです。

原因は、小麦やライ麦などに含まれるグルテンが小腸にダメージを与えることで起こるアレルギー反応と言われています。
基本的な対処法としては、グルテンを含む小麦、ライ麦などの食品を避けることです。そうして、腸のさらなるダメージを防ぐと当時に症状の緩和が期待できます。
小麦を主食とするアメリカで多く見られるこの病気は、近年の食の欧米化によって日本でも少ないながらに発症している人が出て来ています。
そして、今後さらに増えることが予想されています。

セリアック病の原因の1つは食物繊維不足?

セリアック病の原因のひとつは野菜摂取不足で食物繊維が足りていないのかもしれません

セリアック病の原因の1つとして、食事内容がパンなどの炭水化物が多く、野菜や果物からの食物繊維が不足している食事内容が挙げられます。
以前から食事には野菜を1日400グラム程度摂取することが望ましいと言われています。しかし、現実には多くの人はその目安量に届いていないようです。
とくにアメリカでは低所得者の食事が炭水化物に偏りがちであることが以前から問題視されていました。日本にもこのような傾向が増えているようです。

セリアック病の症状と診断

セリアック病は子どもも大人も発症する可能性があります。
下痢、便秘などの排便習慣の悪化の他、大人であれば不妊やED、うつ病やてんかん、慢性疲労、関節炎など、およそ食品アレルギーの症状とは思えないものも多くあります。
原因不明の体調不良が長引く場合には一般的なアレルギー検査とともに遅延性食品アレルギーの検査を行うことをおすすめします。

自宅でもできる遅延性食品アレルギー検査

遅延性食品アレルギー検査は自宅でもできるため疑わしい場合には積極的に受けましょう

現在、日本では遅延性食品アレルギー検査は保険適用外です。そのため、検査費用が高くなります。この検査費用を抑えるために、自宅でアレルギー検査ができるキットの購入をおすすめします。
実はこの検査キットは病院で行われる遅延性食品アレルギー検査とまったく同じものです。診察料や病院へ行く交通費を節約できるほか、病院で検査するよりも個人で依頼する方が結果が早く届くことも利点の1つです。

セリアック病の治療

遺伝的な要素も強いとされるセリアック病は、一度発症すると、基本的には治らないと言われています。
治療薬もないため、根本な治療法はなく、グルテンの含まれた食品を口にしないという食生活で症状の緩和を目指します。
しかし、一定期間、グルテンフリーの食事を続けて小腸の健康が回復すること

増えるグルテンフリー食品

小麦や大麦などに含まれるグルテンはサイズの大きな分子として知られ、その大きさのために腸で吸収される際に負担がかかり、小腸にダメージを与えます。
小麦や大麦などが食べられないと主食となるパンやお菓子など多くの食事制限必要となり、患者やその家族には負担が大きくなります。また、主食を除くことで食の楽しみやバランスを欠くことでさらなく、栄養不良となるリスクも大きくなります。
そのため、アメリカではグルテンフリーの食品が増えており、セリアック病の人たちだけでなく、健康志向の人たちに広く受け入れられています。

なぜ人気?!グルテンフリー食品

グルテンフリー食品は食事制限をするセリアック病の人にもかかせないがダイエットでも注目されている

グルテンフリーの食品はセリアック病の人だけでなく、健康志向の人やダイエットしたい人にとっても嬉しい食品です。なぜなら、消化に負担のかかるグルテンは長く腸にとどまることで血液を汚したり、より多くのカロリーを余計に取り入れてしまうからです。
食べたものを素早く消化、排泄できることはそれだけ、太るリスクを減らすことにもなります。そのため、体型を美しく保ちたいという意識の強い女性にもグルテンフリーの食品は愛用されています。

PR