食物アレルギーの検査の種類は何があるの?食物アレルギーは、治りにくいって本当!?
165views

食物アレルギーの検査の種類は何があるの?食物アレルギーは、治りにくいって本当!?

食物アレルギーは、今や多くの人が悩まされています。小学校でも食物アレルギーが原因で死亡事故が起きたり社会問題になっています。食物アレルギーの検査は、どのようにすればいいのでしょうか。また、食物アレルギーには、治りやすい食品や治りにくい食品がある!?アレルギーについて知識を深めよう。

食物アレルギーの検査は、どのような方法があるの!?

食物アレルギーの検査方法って?

食事をしたら息が苦しくなったり、咳が止まらなくなったり、蕁麻疹が出たり・・・。なにかいつもと様子がおかしいと感じた時は、病院にすぐに行きましょう。それ、食物アレルギーかもしれません。近年は、食物アレルギーが原因で死者が出たなどの報道を目にする機会も多くなりました。食物アレルギーは、死にも直結するので怖いですよね。では、食物アレルギーの検査には、どのようなものがあるのでししょうか。

食物アレルギーの検査方法は4種類

食物アレルギーの検査方法は、大きく分けて4つあります。まず1つ目は、血液検査です。血液中にアレルギーを起こす原因となるIgE抗体がどの程度あるかを調べます。しかし、この血液検査だけでは、なかなか食物アレルギーの診断は、難しいそうです。そして2つ目は、プリックテストと言われる皮膚テストです。皮膚にアレルゲン液を少し垂らして、専用の針で少し刺して傷をつけて、数分後に皮膚の状態を見て、アレルゲンを判定する方法です。そして3つ目は、食物除去試験です。こちらは、アレルギーが疑われる食品を2週間ほど食べないようにして、症状が消えるか判定する方法です。そして4つ目は、食物経口負荷試験と言われる方法です。こちらは専門の医療機関で実施されている方法で、アレルギーが疑われる食品を一定の感覚を空けて食べてみて、症状がでるかどうか判定する方法です。

食物アレルギーの中には、成長とともに治るもの!?

子どもの時はアレルギーが出ていても・・・

食物アレルギーは小さいころのものは治る可能性が高い

 

乳幼児期には、鶏卵や小麦、乳製品などが食物アレルギーの原因で最も多く、これらの食物アレルギーは、成長と共に治りやすいと言われています。6歳までには約80%ほどの子どもが食べられるようになります。しかし、成長とともに本当に食べられるようになったかは、調べる必要ががあるので、定期的に病院などで検査をするようにしましょう。

逆に治りにくい食物アレルギーは!?

食物アレルギーには、治りにくい厄介なものも・・・

大人になってからの食物アレルギーは治すのが難しい

食物アレルギーの中には、治りにくい厄介なものもあります。学童期~成人期に現れる食物アレルギーは、基本的に治りにくいので、長く続いてしまうことが多いです。食品例としては、そばやピーナッツ、甲殻類や果物類などが原因のケースが多いです。特にナッツ類は、食べるとアナフィラキシーショックという重篤な症状を起こすケースも多く、大変危険です。アメリカでもピーナッツは、3大アレルゲンの1つとされていて、ピーナッツアレルギーで悩んでいる人も多いです。また、ピーナッツは、高熱でローストするとアレルゲンの物質が強まるので、加熱したピーナッツには、特に注意が必要です。ピーナッツは、ピーナッツバターやカレーライスのカレールーなど加工食品でも様々なもので使われています。ピーナッツアレルギーがある方は、特に注意して裏面の原材料表示を確認するようにしましょう。

さて、食物アレルギーについて理解を深められましたか?食物アレルギーは、身近にあって怖いもの!何か食べた後に異変を感じたら、すぐに病院に行くようにしましょう。

PR