妊娠中に卵アレルギーの対策は可能?!卵は食べ過ぎなければ大丈夫!
94views

妊娠中に卵アレルギーの対策は可能?!卵は食べ過ぎなければ大丈夫!

妊娠中に卵アレルギーの対策をすることは可能なのでしょうか?医学的には妊娠中の食事と子どものアレルギーには関係がないといわれていますが、実際にはよくわかっていません。妊娠中の食事よりも遺伝的な要素が強いと指摘する医師もいます。気になる場合には一週間に卵は3個までにするなどしましょう。

妊娠中の卵の摂取

妊娠中の卵の摂取妊娠中には栄養をしっかり摂取することが不可欠といわれています。とくに最近の食事はカロリーが多い割に栄養が少ないことが指摘されています。そのため、栄養価の高い食品はとくに意識して摂取することが望ましいといわれています。その中でも、卵はとくに栄養価が高く妊婦も積極的に食べることを推奨されています。以前は卵の高いコレステロールが問題であるとして一日に卵は1個にした方がよいといわれていましたが、最近になって厚生労働省から卵のコレステロールは血液中のコレステロール値に影響しないため、一日に2個以上食べても問題ないと発表されました。これを受けて、妊娠中に卵積極的に食べてもよいことになりましたが、実際には多くの妊婦が卵の摂取に神経質になっているといいます。その原因は卵アレルギーの心配があるからです。

胎児も卵アレルギーになる?!

胎児も卵アレルギーになる?!妊娠中の卵の摂取と子どもの卵アレルギーの原因についてはまだ明らかになっていません。一説には「妊娠中に卵をたくさん食べると子どもが卵アレルギーになる」という話があり、一方で「妊娠中に卵を一切食べなかったのに子どもが卵を含むさまざまなアレルギーもって生まれてしまった」という話もあります。アレルギーの有無は遺伝的な要素も強いために妊娠中の飲食だけの問題ではない部分も多く、実際に医学的には妊娠中の飲食と子どものアレルギーの関係が立証されたことはないといわれています。そのため、妊婦は卵に限らずあらゆる食事を適切に摂取し、一部の食品を除去したり、過剰摂取したりすることがないことがよいといわれています。

卵アレルギーの対策

どうしても卵アレルギーが気になるという人は週に3個程度の卵の摂取にとどめましょう。そして、卵で栄養を摂取できない分、良質なタンパク質や脂質を他の食品から摂取するようにしましょう。アレルギー対策としてだけでなく、健康な子どもを出産するためには普段からバランスのよい食事をすることが大切です。とくに緑黄色野菜や豆類は十分に摂取しましょう。緑黄色野菜や豆類には妊婦と胎児の健康に欠かせない葉酸が豊富に含まれています。毎回の食事で様々な食材を使うことで特定の食品だけを多く摂取することによるアレルギーの発生を抑制することができます。

栄養素を奪う食品にも注意

栄養素を奪う食品にも注意妊娠中には様々な食品からバランス良く栄養を摂取することが大切ですが、きちんとした食事をしていてもジャンクフードや加工食品、菓子パンなどの精製された炭水化物や砂糖の過剰摂取は代謝される過程で体内のビタミンやミネラルを奪うことがわかっています。そのため、妊娠中はビタミンやミネラルの豊富は食事を心がけることも必要ですが、栄養素を奪ってしまう食品の摂取を控えることもとても大切です。とくに人工甘味料や化学調味料、食品添加物などは多種多様な加工食品に入っています。また、精製された砂糖、塩、炭水化物も同様に危険だといわれてます。これらが多く含まれた食事を日常的にしていると妊娠中に高血圧や糖尿病などになるリスクが高くなります。食事はなるべく手作りしたものをたべ、新鮮な野菜や果物を多く摂取するようにしましょう。さらに、調味料も味噌や醤油などはとくに天然発酵、天然醸造させたものを選ぶことをおすすめします。

PR