突然発症することもあります。金属アレルギー対策はどうしたらいいの?
68views

突然発症することもあります。金属アレルギー対策はどうしたらいいの?

金属アレルギー対策は、汗をかく日はなるべくアクセサリーをつけないことです。汗をかくと、汗で金属が溶けてしまい、溶けた金属が身体の中へ入ることによって、アレルギーが発症してしまうのです。ピアスが一番トラブルになりやすいので、つけるのであれば、汗に溶けない金やプラチナをつけるとよいでしょう。

金属アレルギーはどんなものなの?

ある日突然、発症することもあります。

突然金属アレルギーになることもある

これまで金属アレルギーになぅた経験がない方でも、ある日突然金属アレルギーになってしまうことがあります。金属アレルギーの症状は、肌がかぶれてしまったり、赤くなってしまったりします。たとえば、指輪をはめていたら、指がかゆくなったり、ネックレスが肌に触れた部分だけ、炎症してしまったなど、様々な症状があります。

原因は汗でした

金属アレルギーの原因は汗です。金属が汗と触れることで溶けだし、溶けた金属が身体の中に入ることによって、身体の中では異物と判断し、アレルギー反応が出るのです。アレルギーが酷くなると、アレルゲンとなる金属に触れるだけで、赤く腫れるなどの反応が出てきます。

一番出やすいのがピアスでした

金属が皮膚の中に入り込むピアス

ピアスは金属が皮膚にはいりやすい

アレルギー反応が出やすいのはピアスです。穴を耳に開けていることで、穴部分から、汗で溶けた金属が皮膚の中に入りやすいからです。夏場はピアスをつけるのなら、金やプラチナ、チタン素材を選ぶようにすると防げます。

指は意外と大丈夫な方が多い!

指の皮膚は耳の皮膚に比べると厚いため、アレルギーがあまり出ないところでもあります。

夏場は要注意!

汗をかくと金属アレルギーになりやすい

夏は汗をかきやすいため、金属アレルギーになりやすい時期でもあります。そのため、金属アレルギーが起こりにくい金やプラチナ、チタン素材のアクセサリーを身につけると金属アレルギー対策を行うことができます。

こんな素材は要注意!

アクセサリーを購入するときは、素材が何でできているかをよくチェックしましょう。アレルギーがでやすいのは、ニッケルやクロム、コバルトなどです。アクセサリーだけではなく、下着の金具などにも使用されているので、なるべくならば、こうしたアレルギーが出やすい金属は身につけない方がよいでしょう。

怪しいと思ったら皮膚科で検査を受けてみましょう

金属アレルギーがあるかどうかは皮膚科で検査をすることができます。いろいろな種類の金属でアレルギー反応が出るかどうかを調べてくれるので、自分はどの金属に気をつけなければならないかを知ることができ、しっかり予防ができます。また皮膚科でのアレルギー検査は、保険が適用されるので、検査費用は低料金で済むので安心ですよ。

金属アレルギー対策はどうしたらいいの?

値が張りますが本物を身につけましょう

金や銀、プラチナは一般にアレルギーになりにくい金属です。金属アレルギー対策として、少々値は張りますが、本物のアクセサリーを身につけるようにしましょう。

ファーストピアスは病院で開けましょう

ファーストピアスはできれば医療機関で開けましょう。開けてからしばらくの間は、消毒をしっかりと行う必要があります。

金属アレルギー対策はコーティング剤が有効

金属アレルギーは怖いけれど、どうしても気にいったアクセサリーがあって身に付けたいという方もいることでしょう。そんな方におすすめな便利なグッズがあります。それはコーティング剤です。このコーティング剤を使用すれば金属アレルギー対策を行うことができるので、安心してアクセサリーを身につけることができますよ。

PR