春から夏にかけて日光アレルギーに注意!日光アレルギーの症状について
223views

春から夏にかけて日光アレルギーに注意!日光アレルギーの症状について

日光アレルギーという言葉を耳にしたことはありますか?日光アレルギーとは、その名の通り日光によってアレルギー反応が表れることをさします。突然発症することも多いため、中には自覚していない人もいるでしょう。では、日光アレルギーではどのような症状が表れるのでしょうか?

日光アレルギーとは?

日光アレルギーの症状

日光アレルギーは、日光に当たることによってアレルギーの症状が表れます。日光過敏症、日光性皮膚炎、紫外線アレルギーとも呼ばれています。

日光アレルギーの症状が表れるのは主に皮膚ですが、皮膚以外にも目や全身に症状が表れることもあります。

日光アレルギーは日光に当たることによってアレルギーの症状が表れます。日光アレルギーの代表的な症状が、肌荒れです。湿疹やかぶれ、赤くなる、腫れなどの症状が表れます。これらの症状は、日光が当たった部位にだけ表れます。そのため、首や腕は症状が表れやすい部位と言えるでしょう。

日光アレルギーでは、目にも症状が表れます。具体的な症状は、充血、異物感、涙が多く出るです。目は日光からのダメージを受けやすいため、このように症状が表れやすいのです。

他にも、発熱や頭痛、吐き気など全身症状が表れることもあります。全身症状を見ると夏風邪と勘違いしてしまいそうですが、皮膚や目に異常が表れている場合には風邪ではなく日光アレルギーを疑いましょう。

日光アレルギーの2つの原因

日光アレルギーの主な原因は、前述したように日光に当たることです。しかし、日光に当たったからといって必ずしも日光アレルギーを発症する訳ではありません。

日光アレルギーの発症には、体内にもともとある紫外線の抗体量が関係しています。抗体量は人によって異なり、抗体量が少ない場合には少し日光に当たっただけでもアレルギー反応が出てしまいます。それとは逆に、抗体量が多ければ日光に当たってもアレルギー反応が表れにくいのです。

日光アレルギーの原因は他にも考えられます。その原因が、薬の服用や日焼け止めクリームによるものです。紫外線が気になる季節は、多くの人が日焼け止めクリームを使いますよね。もちろん日焼け止めクリームは日焼け防止に効果的なのですが、成分によっては日光アレルギーの原因にもなり兼ねません。

また、薬を服用していたり皮膚に薬を塗った状態で日光に当たることでアレルギー反応が表れるケースもあります。

女性に多いのが化粧品による日光アレルギーも更に、女性に多いのが化粧品による日光アレルギーです。女性は季節に関係なく化粧をすることが多く、もちろん夏でも外出時には欠かせませんよね。女性にとっては欠かせないものですが、この化粧品と日光が反応することによって肌を傷つけてしまう危険性があります。

日光アレルギーの予防と対策

日頃から対策を徹底しましょう

日光アレルギーは、1度発症するとなかなか治らないという特徴があります。そのため、日頃から紫外線対策を徹底して日光アレルギーを予防することが大切と言えるでしょう。

予防として最適なのは、やはり日光を浴びないことです。とはいえ外出をしないことは不可能ですので、外出時には帽子やサングラス、日傘などを使って紫外線対策を徹底しましょう。

紫外線対策は夏に行う人が多いですが、紫外線量は春から徐々に増えていきます。そのため、油断せずに春先から紫外線対策を行いましょう。

日焼け止めクリームの選び方

紫外線対策に効果的なアイテムといえば日焼け止めクリームです。しかし、選び方を間違えてしまうと日光アレルギーの原因になってしまうため注意しましょう。

日焼け止めクリームには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。日光アレルギーの人や日光アレルギーを予防したい人は、紫外線散乱剤を選びましょう。

PR