大豆アレルギーとは違うの?豆乳アレルギーについてのまとめです。
4,048views

大豆アレルギーとは違うの?豆乳アレルギーについてのまとめです。

イソフラボンたっぷりで、女性にはうれしい効能がたっぷりの豆乳ですが、原料は大豆。アレルギーの多い食品の一つでもあります。その豆乳アレルギーとは大豆アレルギーとは違うのか?直す方法、対処方法、代用品などについてのまとめです。

豆乳とは?

豆腐の原料です

豆乳は豆腐の原料です単純に大豆を水に浸してそれをミキサーなどにかけて濾した時に出来る汁です。一般的に豆乳として売られているものは、これに甘みや香りを足したり、大豆特有の臭みを消す処理を行ったものです。

アレルギー

大豆アレルギー

食物アレルギーの中で大豆や大豆を使用した食品に発疹や痒みなどの症状を発症するものです。大豆そのものだけではなく、大豆を原料とした食品すべてに反応が出てしまうため、醤油、味噌、豆腐、大豆油、納豆などにも反応してしまいます。

豆乳アレルギー

こちらは、味噌、醤油、納豆などの大豆加工食品についてはアレルギー反応がでないけれど、大豆としての成分が多くのこる豆乳にはアレルギー反応を起こしてしまうというものです。このアレルギー症状を持つ人の特徴としては、他にカバノキ科の花粉などにアレルギー症状を訴えるケースがあります。

味噌や醤油はOKでも、豆乳アレルギーの症状のある人は、えだまめやもやし、豆腐などでアレルギーが出るケースもあります。

豆乳アレルギーに注意が必要な人

カバノキ科花粉症。これらは同じアレルゲンに分類されるため、現在は問題がなくても体の免疫が著しく落ちた時、妊娠や出産などで体力を使った時など発症しやすくなります。また更年期で症状が発症する人もいます。

花粉症といっても、スギ花粉ではなく、シラカバなどのアレルギーがある人はスギ花粉アレルギーの人に比べて確率が高いといえます。

豆乳アレルギーの人はどうすればいいの?

残念ですが・・・

豆乳アレルギーのある人が、イソフラボンを摂取するのは、難しいといわれています。ただ、個人差があってこのメーカーのイソフラボンサプリはOKだけど、こちらはNGという人もいらっしゃるようです。但し、自己判断などはとても危険なので摂取の際には必ず専門医に相談しましょう。

最近のアレルギー治療について

大きな病院では

昔はアレルギーの食品が特定されたら、徹底的にそれを除去することで重症化を避けるという方法が取られてきましたが、日本であれば、味噌、醤油などは色々な料理の隠し味にも使われている為、外食時にうっかりと口にしてしまって救急搬送されたという話も少なくはありません。そのため、小学生などの子供は夏休みや冬休みなどの長期の休みを利用して、入院し、アレルギー専門医、内科医などの指導のもと、少量づつアレルギー対象食品を摂取していくことで体をならすという治療方法が存在します。

絶対に自宅で自己判断ではやらないで!!

病院で少量づつアレルギー特定商品を摂取して体を慣らすという治療方法は、専門医の指導の下、入院という形だから可能な治療方法です。万が一アレルギー症状を起して気道が塞がってしまっても病院であればすぐに応急処置を取ることができるからなのです。

体の免疫をUPする食べ物

玄米

玄米白米はお米のよいところをすべて取り去ってしまった残りなのです。江戸時代にも白米ばかり食べていた人たちが脚気になるなど「江戸患い」といわれたのは、栄養素の低い白米ばかりを食べていたことが原因です。

発酵食品

きゅうりの糠漬け糠漬けなどは、野菜のビタミンに優良乳酸菌を摂取できる健康食品です。お家でも簡単につくれるので毎日の食卓に是非糠漬けを一品加えたいものです。

トマト

トマト健康情報番組などでも多く取り上げられている食品です。今の季節冷してそのままかぶりつくだけでもおいしいです。

PR