その不調、もしかしたら遅延型アレルギーかも!?遅延型アレルギーとは!?
117views

その不調、もしかしたら遅延型アレルギーかも!?遅延型アレルギーとは!?

最近、倦怠感やめまい、偏頭痛など、体の不調がありますか?病院へ行っても、原因不明。そして、最終的には天気のせいとかまで言われる始末。もしかしたら、それって遅延型アレルギーかもしれません。遅延型アレルギーって何でしょうか?どういったアレルギーでどのような対処方法があるのでしょうか?

遅延型アレルギーとは?

遅延型アレルギーとは?一般的なアレルギーとは違う?

遅延型アレルギーは一般的なアレルギーとどう違う

今までよく知られていたアレルギーと言うと、牛乳・卵・小麦などの食べ物を食べることによって、湿疹や痒みなどの皮膚の炎症やショック症状などが現れるアレルギーです。これは、これらのアレルギー食品を食べたことによる拒否反応であり、即時型アレルギーと呼ばれています。一方で、食べた直後は全く反応がないのですが、数時間から数日経ってから、頭が痛い、倦怠感がある、肌が荒れるなどの症状が出てくる場合を遅延型アレルギーと呼ばれます。

遅延型アレルギーとはどんな抗体?

すぐに陽性反応がなくてもアレルギーがある?

遅延型アレルギーの患者の場合、即時型アレルギーのときには陽性反応がなかったのにも関わらず、その食品に対してアレルギーを持っていたということが多くあります。

一般的に、アレルギーがあるかどうかを調べるためには、あるアレルゲンに対して血液中のアレルギー抗体の数値が増えるかどうかを調べます。即時型アレルギーがIgE型を調べるのに対して、遅延型アレルギーはIgG型の抗体を調べます。IgE型の抗体は、粘液に分泌されるのに対して、IgGは血液中に現れ、その割合はIgEよりもはるかに多いと言われています。

遅延型アレルギーが反応するしくみとは?

遅延型アレルギーは食べ続けると出る?

血中に多く存在するIgGは、アレルギー物質が体内に入ってくると、ひとまず抗体として現れます。ただし、この抗体が直接体の拒否反応である頭痛などを引き起こすわけではなく、ひとまずそれらの異物を認識してから、体内の免疫細胞でこの異物を排除するようにしています。ただし、続けて異物を摂取してしまうために、この免疫細胞がその排除行為の許容範囲を超えてしまい、アレルギー反応として出てきてしまうのです。異物を摂取しても、すぐに反応が出ないのはそのためなのです。

どういうものが「遅延型アレルギー」を引き起こすの?

毎日食べているものがアレルギーだったことが・・・

遅延型アレルギーを起こしやすい食品

遅延型アレルギーを引き起こすとされるものは、牛乳・卵・小麦粉やアスパラガスなど様々なものがあります。特に、遅延型アレルギーとして報告されている物質の多くに「ヨーグルト」があります。もちろん、ヨーグルトを食べ続けることで腸内環境は整えられるということはあります。けれども、万が一、私たちがそのヨーグルトに対して遅延型アレルギーを持っていたとしたら、「毎日欠かさず」や「出来るだけ続けること」ということが問題になってきます。

どんな食べ物が遅延型アレルギーに多いの?

遅延型アレルギーに多い食べ物はヨーグルトなどの乳製品、パンやうどんなどの小麦などが挙げられます。これらは、毎日食べる習慣があったりすることが考えられます。一部では、今まで日本人が食べてこなかった外国の食べ物だったり、今までは季節で食べるものだったのが、ハウス栽培などで年中食べられるようになったものだとうことも言われています。しかしながら、ある人は大丈夫、もう一人はアレルギーであると言われると、一概にそれらを除去しなければならないというのはいささか短絡すぎる考えかもしれません。

遅延アレルギーを誤解しないで!

最後に、気をつけてほしいのが、遅延型アレルギーかもしれないと、簡単にアレルギー検査をして除去しようとする動きです。最近では、こういったアレルギーを知りたいからと海外の検査キットを入手して検査をする人も多くいます。ただし、前述の通りIgGの抗体を調べると全てのアレルギーで反応することがあります。それは、全ての人間にIgG抗体が存在しているからなのです。遅延型アレルギーというのに過剰に反応せずに、まずは、自分の生活習慣を見直してみましょう。

PR