花粉症の新治療法である舌下免疫療法治療とは?本当に効果があるの?
54views

花粉症の新治療法である舌下免疫療法治療とは?本当に効果があるの?

花粉症の新治療法として、舌下免疫療法治療があります。新薬であるシダトレンを舌の上に1滴ほど垂らすだけで、花粉症を根本的に治療することができます。およそ8割に効果がありますが、過敏症など別の問題を抱えている場合には、効果がありません。一部の方に副作用が出る場合もありますので注意しましょう。

辛い症状が治る花粉症の新治療法とは?

毎年苦しまされる花粉症に効果があります

毎年苦しまされる花粉症に効果があります

花粉症の新しい治療方法として、シダトレンという治療薬が2014年度から発売されました。これによって花粉症を効果的に治していくことができます。

今までは薬の副作用が強い上に完治しなかった…

これまでは花粉症の場合、病院へ行って、アレルギー関係の薬や鼻水を押さえる薬などが処方されてきました。
しかし頭痛や鼻の奥の痛みなどが伴い、花粉症の症状以外にも、強い薬の副作用に悩まされてしまうこともあるでしょう。

またアレルギーなどの症状を薬で無理に押さえて、アレルギー症状を緩和するだけであるため、薬を服用しても根本的な花粉症の治療を行うことはできません。
毎年、花粉症のシーズンには薬を服用しなければなりません。

シダトレンとは

「シダトレン®スギ花粉舌下液」鳥居薬品株式会社

出典:「シダトレン®スギ花粉舌下液」鳥居薬品株式会社

シダトレンとは、花粉症の治療薬として開発されたばかりの薬です。
保険適用されたばかりの薬ですが、この薬を使用すれば、花粉症の根本的な治療を行うことが出来ます。

シダトレンは一言で言うと、スギ花粉のエキスです。
このエキスを少量ずつ体内に取り入れていくことによって、スギに対するアレルギー反応を少しずつ減らしていくというものです。
スギ花粉のアレルギーが出にくくなる体質に身体を変えていくことによって、花粉症の症状が出ないようにすることが治療の目的です。

治療時間は3年から5年かかりますが、毎日このエキスを投与していくことによって、花粉症の症状をおよそ8割程度押さえることができます。

また以前の花粉症の薬では、鼻水などは確かに止まりますが、頭痛などの副作用が強く感じる方も多いため、そうした副作用の悩みからも解放されます。

花粉症の新治療法の行い方は?

舌下減感作療法とは?

舌下減感作療法とは?

花粉症の新治療法でもある舌下減感作療法とは、舌の上にシダトレンを一滴垂らすだけで、簡単に行うことができます。
これまでは、シダトレンを身体に注射する治療法でしたが、舌の上に垂らすだけなので、患者本人が毎日続けていくことができます。

薬は舌下減感作療法を取り入れている病院に行き、医師が診断を下せば、処方薬として手に入れることができます。

1割が完治する見込みがあります

舌下減感作療法の完治率はおよそ1割です。また、8割ほどの方が花粉症の症状を軽くさせることができます。
しかし、残りの2割は、症状がほとんど変わらないというデータも出ています。

過敏症などがある場合にはあまり効果がありません

花粉症以外の原因がある場合、たとえば、過敏症などの症状がある場合には、シダトレンは効果がありません。

過敏症の症状とは?

通常はアレルギー反応が出ないものに対しても、弱い刺激だけで強いアレルギー症状が出る場合のことを言います。
過敏症などの問題を抱えている方は、アナフィラキシ―ショックが起こる可能性が高いので、シダトレンを使用した治療は止めておいた方がよいでしょう。

治療が向かない方

妊娠中や喘息、気管支関係の病気がある方や、口腔アレルギー、抜歯直後、抗ガン剤などの薬を服用している方は、この新しい治療を行うことはできないので、注意しましょう。

PR