花粉症の薬の副作用 眠気や口の渇き、薬の種類によってはないものも!?
58views

花粉症の薬の副作用 眠気や口の渇き、薬の種類によってはないものも!?

花粉症の薬の副作用には、眠気や口の渇き、排尿が困難になるなど、様々な症状があります。ただ、花粉症の薬は色々な種類があり、薬の種類によっては副作用が少ないものもあるようです。花粉症の薬の副作用はどんな薬にあるのか、薬の種類別にみていきましょう。

花粉症の薬は副作用の可能性が高いの?

一度掛かると、一生つきあっていかなければならないと言われている花粉症。鼻水や涙、くしゃみなどつらい症状を緩和するために利用することが多いのが花粉症の薬ではないでしょうか?ただ、気になるのが花粉症の薬の副作用ですよね。花粉症の薬の副作用は、薬の種類によって異なるようです。

花粉症のメカニズム

11910018_973516669381645_1610040681_nスギ花粉マスク

まずは、花粉症のメカニズムからご紹介しましょう。

人間の体に花粉が入ってくると、体はその花粉という異物を受け入れるかどうかを考えます。そして、花粉が体に害があるので排除すると判断したとき、花粉と反応する物質であるIgE抗体を作って対応します。そして、再度花粉が体に入ってきた時に、鼻や目の粘膜にある細胞の抗体と合わさって、ヒスタミンが分泌され、花粉を体の外に追い出そうとします。その、外へ追い出す方法が、くしゃみや涙、鼻水なのです。

では、なぜ花粉症になる人とならない人がいるのか。それは、遺伝的にアレルギー体質を持っているかどうかが大きく関わっています。花粉症になるかどうかは、遺伝や毎日の食事、花粉の飛散率などによって異なります。

一度花粉症になると、アレルギー体質が改善しない限り、鼻水や涙、鼻づまりなどの花粉症の症状が出ます。その症状を緩和する方法として、花粉症の薬があります。では次に、花粉症の薬の種類や副作用についてみていきましょう。

花粉症の薬の副作用は?

medications-342474_640

花粉症の薬には、様々な種類があります。薬の種類によって、効果や副作用が異なります。花粉症の薬の副作用を種類別にご紹介しましょう。

【抗ヒスタミン薬】

抗ヒスタミン薬は、鼻水の症状を抑えることに優れていて、即効性がある薬です。ただ、この花粉症の薬の副作用は多く、眠気や口の渇き、排尿が困難などがあります。また、子どもが抗ヒスタミン薬を服用することで、けいれんが起きる危険性があります。抗ヒスタミン薬を飲んだ方の事例としては、重い不整脈の症状が出たという報告もあるため、子どもの服用は注意が必要です。

【ステロイド薬】

ステロイド薬は、炎症を鎮静し、免疫を抑えてアレルギーの症状を緩和するものです。効果は強力なのですが、長い間使い続けることによって、ステロイド薬がなければ症状が改善されないという依存症になったり、副腎機能が抑制されたりします。花粉症の場合は、数か月間使うことが多いため、長期服用は避けた方が良いと言われています。

【ケミカルメディエーター遊離抑制剤】

ヒスタミンが体内で分泌することを抑える薬で、この花粉症の薬の副作用は少なく、鼻水や鼻づまりなどの症状が出る前に飲むことによって、つらい症状の出現を遅くする効果があります。

【クロモグリク酸】

クロモグリク酸は、副作用の心配があまりない花粉症の薬です。ただ、その分効果も少ないため、症状が激しい方には向いていない薬です。

【血管収縮剤】

血管収縮剤は、点鼻薬としての処方が多い花粉症の薬です。内服薬もありますが、高血圧や脳出血の恐れがあり、全身の血管の収縮の可能性があります。

花粉症の薬の副作用で多い眠気が起こりにくい薬とは?

「アレグラ(allegra)錠」花粉症.com~薬剤師による完全解説~より

出典:「アレグラ(allegra)錠」花粉症.com~薬剤師による完全解説~より

花粉症の薬を飲むと眠気が出るという方が多いのですが、その眠気の副作用が出にくい「第2世代」の抗ヒスタミン薬があります。アレグラやアレジオンという抗ヒスタミン薬は、眠気が起こりにくい薬なので、副作用がほとんど現れません。ただ、効果は人によって異なるようです。

PR