花粉症の薬の種類はたくさん!きちんと治すのなら病院で処方して!
61views

花粉症の薬の種類はたくさん!きちんと治すのなら病院で処方して!

花粉症の薬の種類はたくさんあります。薬局で市販薬を買って服用するのが、一番手っとり早いのですが、自分の体質や症状に合うものを選ばなければ効果がありません。また薬が効き過ぎると、頭が痛くなるなどの副作用もあります。自分の体質に合うものを選ぶのなら、病院できちんと処方してもらうのが一番です。

薬局に並ぶ花粉症の薬の種類はたくさん!

一体どれを選べばいいの?

薬局に並ぶ花粉症の薬の種類はたくさん!

花粉症の薬の種類はたくさんあります。
花粉症のシーズンになってから、症状が出てきて、慌てて薬局に駆け込む方もいるかもしれません。

色々な種類のものが並んでいて、どれがいいのか迷うことはありませんか?
花粉症の薬には、抗ヒスタミン系のもの、ケミカルメディエーター遊離抑制剤が含まれているもの、抗ロイコトリエン薬、ステロイド薬などがあります。

また薬の成分にも、眠気を誘うものや、眠気が出ないものなどもあります。
お仕事をされている方や、特にドライバー関係の仕事をされている方は、薬の種類によっては、服用をしない方がいいタイプのものもあるので、眠気があるかどうかについても薬選びの判断基準にされるとよいでしょう。

抗ヒスタミン系のもの

抗ヒスタミン系のものは眠くなりやすい

抗ヒスタミン系の薬は、ヒスタミンに効果があるため、即効性があります。
ヒスタミンとは、アレルギーの刺激を受けると、身体の中にある肥満細胞からヒスタミンという物質が放出され、くしゃみや鼻水などの症状が出てきます。

このアレルギー反応の元になるヒスタミンの放出を押さえてくれるため、鼻水やくしゃみなどを押さえてくれる働きがあります。
ただ眠くなったり、口の中が非常に乾燥してしまうのが、この薬の欠点でもあります。
最近では薬の改良によって抗ヒスタミン系でも眠気が出ないタイプの薬も開発されてきました。

ケミカルメディエーター遊離抑制系のもの

ヒスタミンの発生や放出を押さえてくれる働きがあります。
緩やかな効きめであるため、抗ヒスタミン系とは違い即効力はありませんが、その代わり頭痛や口が渇くなどの薬の副作用もあまりありません。

花粉症の症状が弱い方であれば、ケミカルメディエーター遊離抑制系のものの方が身体にはやさしいと言えます。
花粉症の症状が重い方の場合だと、症状があまり改善されないと感じるため、物足りなさも感じるかもしれません。

抗ロイコトリエン薬

抗ロイコトリエン薬は鼻づまり解消の効果が

ロイコトリエンは鼻の粘膜の炎症を引き起こします。
ロイコトリエンの働きを押さえてくれるため、鼻づまりなどの症状を押さえてくれます。
花粉症で鼻が詰まって苦しい方は、この薬用成分が含まれている薬を選ぶと効果的です。

ステロイド薬

点鼻薬によく使用されているステロイド

ステロイドには、免疫やアレルギーを抑制する効果や炎症を押さえる効果があります。点鼻薬によく使用されている薬用成分です。

症状を押さえてくれる分、副作用も出てくる!

病院で処方してもらった方がお得なことも

病院で処方してもらった方がお得なことも

長く続く花粉症のシーズン!
できれば症状を押さえるためには、自分に合う薬を服用したいものです。
市販薬もいろいろな種類が出回っていますが、できれば病院で処方してもらった方が、自分の症状に合うものを選ぶことができます。花粉症の治療をしっかり行うことができるでしょう。

病院で処方してもらうことのメリットは、何か問題が出てきても、すぐに診てもらうことができます。
処方される薬は保険適用なので、花粉症のシーズンに長期間服用し続けることを考えれば、薬代が安く済むということです。
また途中で薬の効果があまり感じられない場合には、薬を変えて試してみることもできます。

PR