花粉を持ち込まないひと工夫!今まであまり効果が無かった人へ
50views

花粉を持ち込まないひと工夫!今まであまり効果が無かった人へ

花粉症の方は、なんとか花粉と吸わないように、家に花粉を持ち込まない方法はないかと工夫していらっしゃることでしょう。でも実際はあまり効果が感じられなかったり、面倒に感じて対策をやめてしまったりしていませんか?今回は、簡単にできるあと一歩の工夫を紹介しますので、ぜひ試してみてください。

やっと帰宅したと思ったら、忘れた頃にやってくる花粉の反撃!これからくつろぎたいのに〜!花粉シーズンになることこんなことを繰り返していて本当に嫌になっちゃう…。
マスクや眼鏡で花粉を吸い込まない対策は頑張っているけれど、面倒なことが多い花粉を持ち込まない対策は少し甘かったりします。
今回は、家に花粉を持ち込まないあとちょっとの工夫をお伝えしますので、是非参考にしてみてください。

 

花粉の進入ルートを知ろう

どんな花粉対策をしていますか?花粉対策グッズも数多く売られていますが、皆さんが家に花粉を持ち込まないようにしている対策はどんなことでしょうか。
まず洗濯物や布団を外に干さない、窓を開けない、帰宅したら洋服についた花粉を払う、すぐにうがい手洗いをする、空気清浄機を回しっぱなしにする、こんな努力をしていることでしょう。
でも、これらをすでに実施しているのに効果があまり感じられない人もいらっしゃるのではないでしょうか?
そもそも花粉の進入経路は自分や家族が持ち込んでしまうルートと、自然に入り込んでしまうルートがあります。

花粉を落とすひと工夫

まずは、自分や家族が持ち込まないようにするためには「花粉を落とす」ことが大切なことは分かりますよね。
ここでできるあとひと工夫は、「洋服のすそとでこぼこ」を念入りにです。
広い面はブラッシングしやすいのですが、実は花粉がたまりやすいところは、地面から巻き上げられた花粉がつくスカートやズボンのすそです。
またフード、ファーなどの衣類のでこぼこはブラッシングの盲点になりやすいものです。ここに注意して花粉を落としてみてください。
バックもはらうと良いですね。
玄関先にハンガーなどを用意してコートやバッグを置いておき、リビングや部屋に持ち込まないのが理想です。

玄関先にコートやバッグを置いておき、リビングや部屋には持ち込まない!

花粉をつけないひと工夫

今から購入するのであれば、衣類の素材やデザインもちょっとした工夫で選びましょう。
ウールやフリースのような素材は花粉がつきやすいので、ポリエステルなどのつるつるの化繊のものを選びましょう。また、フードなど花粉ポケットになりやすいデザインのものは避けましょう。
花粉対策がされているコートなども販売されていますので、花粉シーズンでもあきらめないで快適でファッション性の高いものも選べますよ。
どうしても外に洗濯物を干したいという方は柔軟剤の使用をおすすめします。柔軟剤は繊維の奥に花粉が入りこみにくくしてくれます。
ワックスやスプレーをたくさん使うヘアスタイルの方は、髪に付着する花粉も心配です。
まとめ髪にしたり、できるだけスタイリング剤の使用を避け、さらに外出後は玄関先でよくブラッシングしてから部屋に入りましょう。
シャワーが可能であればすぐに入浴したり、うがい手洗いだけでなく洗顔もしましょう。
室内で犬を飼っている方も同じようにブラッシングなどをしてあげましょう。

 

自然に入り込んでくる花粉対策

トイレや脱衣所も掃除を!次に、自然に入り込んでくるルート対策のもうひと工夫です。
もっとも花粉があるのはベランダだと分かると思いますが、次にベランダ側の窓際が要注意です。
まったく窓を開けないで生活するわけにはいかないので、窓を開けたら付近の床を掃除機ではなく、フローリング用のワイパーなどでさっと拭き取ります。
換気は、花粉の少ない夜間に少しだけ行うものも手です。
トイレや脱衣所も盲点で、部屋ばかり掃除していてそこをおろそかにしていませんか?
衣類を着脱する場所は、花粉も落ちやすい場所です。
せっかくシャワーをあびてさっぱり花粉をおとしたのにまた花粉をつけることになりかねません。
いつもよりまめに掃除しましょう。

きちんと掃除しているのに…

ダニなどのハウスダストにも要注意!そして、布団が外に干せないからとダニ対策を怠っている方がいます。
花粉の対策はバッチリなのにダニなどのハウスダストにアレルギー反応を示してしまい、花粉の症状がさらに悪化していることも考えられます。
最近のマンションなどは24時間換気されるようになっていて自然と花粉が侵入していることがあります。
空気清浄機は有効ですが、フィルターはきちんと清掃・交換していますか?
フィルターが根詰まりをおこしていては意味がありません。
ほこりがたまりやすい置物は片付けるなど掃除しやすいようにするのも手です。
こんな風にほんのちょっとした工夫ですが、あとひと工夫して花粉シーズンを乗り切りましょう。

PR