クーラー病の症状ってどんなの?夏に掛かりやすいクーラー病(冷房病)の症状・原因・対策法
72views

クーラー病の症状ってどんなの?夏に掛かりやすいクーラー病(冷房病)の症状・原因・対策法

夏になると、会社や学校でのクーラーがきいている場所で長時間過ごし、家に帰ってもクーラーがガンガンという方、クーラーの設定温度によっては、クーラー病(冷房病)に掛かっている恐れがあります。クーラー病の症状にはどのようなものがあるのか、またその原因と対策方法についてもみていきましょう。

夏に掛かりやすいクーラー病とは?8月の上旬の平均気温が31度ほど

夏は平均気温が27度から30度にもなります。8月の上旬は、平均気温が31度になる年もあるほどです。夏の気温の上昇に伴って、会社や学校ではクーラーの温度設定が低くなってきています。ガンガンに冷房がきいた部屋で何時間もいると、外に出たときに気温差が生じるため、クーラー病の症状が出てくるかもしれません。クーラー病の症状にはどんなものがあるのかをみていきましょう。

クーラー病(冷房病)の症状

クーラー病は自律神経失調症の一種で全身の倦怠感等の症状があります

クーラー病は、自律神経失調症の一種です。クーラーの冷気で冷やされた体が、太陽に照らされた外に出ることで気温差に参ってしまい、自律神経が乱れてしまいます。この自律神経が崩れないようにするためには、外と部屋の中の温度差を5度までにすることです。これ以上の温度差があると、クーラー病になってしまいます。

クーラー病の症状は、手足が冷たくなって冷えてしまったり、肩こりや身体全体のだるさなどがあります。また、腰痛や腹痛などを引き起こしたり、夜に眠れなくなるなどの症状が出る方がいらっしゃいます。また、女性は生理不順になってしまうことがあり、不妊につながるケースもあるので注意しなければなりません。
クーラー病の症状は、どのようなものかわかりましたね。では、どうしてクーラー病になるのか、原因をみていきましょう。

クーラー病(冷房病)の原因は何?

クーラー病の原因は、自律神経のみだれ

自律神経失調症は不規則な生活や食生活の乱れが一因

自律神経のみだれは、クーラーの冷気に加えて、不規則な生活や食事、ストレスなどが関係していると言われています。朝早くから遅くまで仕事で忙しく生活が乱れていたり、3度の食事をしっかりととることができていなかったりすると、身体が不調を起こしやすくなります。さらに、仕事や学校でストレスがたまることで、自律神経がみだれ、体調不良となります。

教えて!クーラー病の対処法

クーラー病(冷房病)に掛からないようにするためには、自律神経の乱れを引き起こさないようにすることが大切です。そのためには、規則正しい生活、食事、ストレスをためないことの3つがポイント!それぞれの対処法をご紹介します。

クーラー病(冷房病)の3つの対処法

夏でも温かい食事を規則正しく食べた方が体調に良いです

【規則正しい生活】

クーラー病にならないために、毎日規則正しい生活を送りましょう。睡眠不足は体調不良を招きやすくなります。しっかりと睡眠をとり、なるべく起床時間と就寝時間を決めて、毎日を過ごしましょう。

【温かくバランスのとれた食事】

暑い夏には、冷やし中華やそうめんなどの、冷たい食べ物が食べたくなりますよね。ただ、冷えた食べ物は、身体をますます冷やしてしまいます。胃腸を冷やさないようにするために、温かい食事をとるようにしましょう。

【ストレス】

ストレスをまったくためずに過ごすのは難しいので、ストレス解消法をみつけてそれを実践しましょう。腹式呼吸をすると、心の乱れを落ち着かせることができます。楽な姿勢で座って背筋を伸ばして、鼻からゆっくりと空気を吸いましょう。そして吐くときには、口からゆっくりと長く時間をかけて吐きます。吸った時間の2倍の長さで吐くことができるように、調整をして呼吸をしてみましょう。何度か繰り返すうちに、落ち着いた心が取り戻せます。

PR