リンパ節炎の原因というと癌などの恐ろしい病気を思い浮かべますが、その原因は色々なものがあるのです。
176views

リンパ節炎の原因というと癌などの恐ろしい病気を思い浮かべますが、その原因は色々なものがあるのです。

リンパ節炎の原因には色々あるんですが、多くは体内に入った細菌や病気が原因によるものなのです。その病気とは何があるのでしょうか、すぐさまに病院に行かなくてはいけない病気なのでしょうか?どうしたらよいのか、どう治療するかなどをまとめました。

どんな病気?

リンパ節に出る腫れや痛み

リンパ節に痛みや発熱、腫れを伴うものを指します。多くはウィルスが外部による病原体による感染によるものですが体内の癌細胞などが原因によるものもあります。

リンパ節炎を放っておくとどうなるの?

そのままにしておくと、炎症(腫れ)が大きくなり他の正常な細胞を圧迫して血液などの流れを阻害して壊死することもあります。

顎の下や耳の腫れ

ウイルス性リンパ節炎

こちらは主に外部から浸入したウィルスが原因による炎症です。リンパ液は体の栄養分や不要物を各器官に運ぶのですが、そのリンパ液にウィルスが浸入した場合、フィルターの役目の節でひっかかりますが、そこでウィルスの働きにより炎症が発生します。ウィルスといっても色々な種類がありますが、主に、エプスタイン・バール・ウイルスや麻疹ウィルスなどがあげられます。おたふく風邪もウィルスによってリンパが腫れるものです。

喉の痛みや発熱

免疫ができたウイルスとは以後共存関係

一度感染すると、免疫ができるといわれているのは感染ウィルスは体内に残り消滅することはなく共存状態にあるといえます。

化膿性リンパ節炎

リンパ節炎の原因の中でこちらは既に腫れてしまったリンパ節に膿が溜まってしまい、白血球の細菌駆除がこの膿のせいでおいつかない状態にあります。疲れているときやストレスが溜まっている時など体の免疫が落ちている時におこりがちです。

腫れる原因は?

どのリンパ節炎でも、体内に入ったばい菌をやっつけるために、リンパ玉が細菌を攻撃するために、仲間を増やすことで腫れるのです。なので、腫れたり熱を持ったりするのは、人間の免疫の為の自然の生理現象といってよいでしょう。他の体の部分に細菌が病気による病気の攻撃で弱くなっている部分がなければリンパ節の晴れは細菌をやっつけた時点で自然に収まってきます。

腫れが引かなかったりしこりが残ったら

悪性腫瘍や、結核、梅毒など、抗生物質での細菌駆除が必要な病気の可能性があります。但し、その際は熱がなかなか引かなかったり、咳や喉の痛みが1ヶ月以上続くなどの他の症状があるはずです。
気をつけて
血液の病気の中にはリンパ節炎が原因となる場合もあります。リンパ管は体全体にはりめぐされているので、よくないものも体中にめぐってしまう可能性があるのです。癌などで、転移といわれる症状は、がん細胞がリンパ液に乗って、体の他の臓器に移動しまうことになります。

山芋

山芋はスタミナと免疫力がつく
免疫をつける食べ物ですぐに思いつくのは、にんにくですが、体が弱っているときににんにくを摂取すると胃がにんにくにまけてしまいます。山芋をすりおろしたものをあたたかいおそば(おそばは消化にもよく、健康食品としても優良です)にかけて食べるなどで摂取しましょう。

 

関連リンク集

http://merckmanuals.jp/home/%E7%9A%AE%E8%86%9A%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E7%B4%B0%E8%8F%8C%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%9A%AE%E8%86%9A%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%91%E7%AF%80%E7%82%8E.html

メルクマニュアル百科事典での所見です。Web版家庭の医学ともいわれる病気に関するデータベースです。他の関連するような病気、似たような病気などのリンクがアナログの百科事典と違って便利です。

 

http://www.kubi-kata.com/cate-kubi/kyuuseirinpa.html

どうしてリンパ節が腫れるのか、体のしくみを説明してくれています。こちらは急性リンパ節炎についての情報が掲載されていますが、主に首や肩などがちょっとおかしいと思う時に見る情報ページとして掲載されています。

 

http://rinpasetuen.com/

一般的にリンパ節炎と分類される病気についての情報が掲載されているページです。症状について、考えられる病気などが掲載されています。気になる症状がある方はまずチェック!

PR