ギプス?シーネ?シャーレ?骨折した場合のギプスの種類と違い、固定期間まとめ
67,217views

ギプス?シーネ?シャーレ?骨折した場合のギプスの種類と違い、固定期間まとめ

骨折するとギプスなどで患部を固定します。何故固定しなくてはならないのでしょうか。まだ、ギプスにはどんな種類のものがあるのでしょうか。それぞれのメリットやデメリット、骨折での固定期間についてまとめました。

骨折

骨折した骨の失われた部分にできる仮骨が固くなるまで固定

骨折はどのように治っていくのでしょうか。まず傷を受けたことで痛みや腫れなどが強く起こります。
その後、骨の失われた部分に仮骨という柔らかい骨ができてきます。仮骨は徐々に硬くなり、元の骨のように戻ります。
骨折の治療では、骨折した部分を外科手術や固定具などで固定して骨ができる期間保護します。固定しないと、せっかくつきかけた骨がずれたり、痛んだりしてずれて治ったりなかなか治らなくなってしまいます。

ところで、ギプスといっても完全に覆ってしまうものから包帯で固定する板のようなものまであります。どんな種類のものがあり、それぞれのメリットやデメリットは何でしょうか。

ギプス

患部を完全に覆ってしまうタイプのギプスです。取り外しはできません。以前は石膏でできた物が多かったのですが、近年では軽くてすぐに固まる樹脂性のギプスが増えています。
メリットはそれぞれの患部に合わせてきちんと固定できることと、外部の圧力から患部をしっかり保護できることです。デメリットは暑くて大きくて生活に不便なことでしょう。
しっかり固定することが必要な大きい骨折や体重のかかる脚の骨折によく使います。腫れが引いてからギプスにしたり、一度作ったギプスを作り直すこともあります。

ギプスシーネ

ギプス包帯を使って板のように作った添え木のことです。このシーネを包帯などで患部に固定します。ギプスと違って取り外しもできますし、暑さや痒みにも強く圧迫感もありません。反面、ギプスほどの固定力はありません。
単純な骨折や体重のかかりにくい部位に使います。特に手首や上腕、鼻の骨折のときによく使います。

ギプスシャーレ

ギプスを縦半分にカットして包帯などで巻いたものです。ギプスのようにがっちり固定はしていませんが、ギプスシーネよりは強固です。
骨折の場合によっては最初からギプスをカットしてシャーレにすることもありますが、固定期間の後期に、ギプスを半分だけ再利用してギプスシャーレにすることもあります。

その他の固定具

脊椎、背骨や腰の圧迫骨折の場合にはギプスでなくコルセットで固定することも

固定しにくい脊椎、背骨や腰の圧迫骨折の場合はギプスを作らずにコルセットなどで対応することもあります。鎖骨骨折の場合は鎖骨バンドというバンドをする場合もあります。
骨折ではあるのですが、ギプスを使わない場合保険の特約などが効かないケースもあります。

骨折の固定期間ってどのくらい?

ギプスなどで固定する場合、気になるのは固定する期間です。固定していると暑いし動きにくいし、中が痒くなったり見た目が気になって痛みが引くとすぐに外したくなるのが人情です。
骨折の固定期間は骨がくっつくまでで、骨折の部位や程度によってさまざまで一概には言えません。2週間から10週間くらいで、3~4週間が大半です。
長い場合は途中でギプスを作り直したり、固定具の種類が軽いものに変わることもあります。

病院や柔道整復院などでは患者の不便を考慮してたいていなるべく短く固定期間を設定しているので「早く外したい」という要望にはあまり答えてくれません。それでも不快感や都合などを訴えれば最短で外してくれたり、より軽い固定具に替えてくれる場合もありますので相談してみましょう。

シーネやシャーレは包帯を取れば自分で外すこともできるのですが、絶対に自分で勝手に外してはいけません。まだ骨がきちんと硬くなっていないこともありますし、自分で外せても巻きなおすことは困難です。

PR