乾燥する季節はバチッが怖い!静電気がたまりやすいのはどんな人?
125views

乾燥する季節はバチッが怖い!静電気がたまりやすいのはどんな人?

寒い冬は静電気がたまりやすい季節ですね。家のドアノブに触れたときや、車を開けようとしてバチッとなる人も多いのでは?でもその一方で、あまり静電気を感じない人もいますよね。静電気の起こる仕組みや悪影響、対策を調べてみました。

冬によく起こる静電気

秋から冬にかけて、光ってみえるほどの静電気や痛みを伴うほどの衝撃を静電気で受ける方がいますよね。

静電気がたまりやすい静電気体質なの、なんて言ってる人もいますけど、筆者は全然静電気が起きません!これって何が違うのでしょうね。
冬によく起こる静電気

静電気って何?

全ての物体はプラスとマイナスの電気をもっています。

人も洋服も、ほこりも!でも通常はプラスとマイナスの数が同じなため安定している状態なので、何も起こりません。

でも、何等かの原因、例えば服と皮膚が触れ合う摩擦などで、マイナス電気が移動してしまい、人間の体にプラスの電気ばかりがたまってしまいます。

そんなときにマイナスの電気がたまりやすい金属にふれると、マイナスの電気が体に移動しようと電気が流れて、バチッとなるのですね。

このようにマイナス、プラスそれぞれ電気がたまっている、帯電している電気のことを静電気、といいます。

上記の服の例のように物体にはそれぞれ溜まりやすい電気の傾向があります。

静電気に対して動電気

このように、とどまっている電気のことを静電気といいますが、私たちが使用する電気機器のための電気のことを常に流れている動電気といいます。

でも実は静電気でも豆電球位はつけることもできますし、燃えやすいものの近くで静電気を放電させると、危険です。

だからガソリンスタンドでは、ガソリンを入れる前に、安全に放電するための工夫があるんですね。
静電気に対して動電気

静電気が溜まりやすい人とは?

人はもともとプラスに帯電しやすいですが、湿度や気温、洋服まで同じでも、静電気がたまりやすい人とそうでない人がいます。その違いはどこからくるのでしょう?

実は静電気が起こりにくい人は自然と放電できているんですね。では自然と放電できずに静電気がたまりやすい人とはどのような人でしょう。

もしかして電化製品に囲まれてる?

私たちの身の回りには様々な電化製品があります。これらからはプラスのイオンが出ていて、私たちはそれを吸ってしまっているようなんです。そうすると体の中はプラスばかりがたまっていきます。
もしかして電化製品に囲まれてる?

血行が悪いと静電気がたまる?

体の中のプラスとマイナスのバランスが崩れると、血液も放電しにくいどろどろになっているとか。

不健康な食生活や冷えなどで血行が悪くなるとさらに、マイナスイオンが不足するので、静電気をため混みやすい体質になってしまうようです。

血行が悪くなると、静電気だけの問題ではなく、肩こりや腰痛、関節の痛みなどの不調もでてきます。

外からプラスイオンを持ち込まないこと、マイナスイオンを失わないことが大切ですね。

静電気体質からぬけだすには?

静電気体質からぬけだすには?

静電気が起こると体のビタミンCやカルシウムを余計に排出してしまうとか。女性にとってその二つの無駄遣いは一大事。静電気はないほうがいいですね。

特に静電気がたまりやすい人は、まず健康なサラサラ血にすることを第一に考えましょう。そして電化製品ばかりに囲まれた生活も見直したほうがいいですね。

PR