食べすぎだけが問題ではない!血糖値があがる4つの原因と糖尿病の危険性
157views

食べすぎだけが問題ではない!血糖値があがる4つの原因と糖尿病の危険性

血糖値とは血液中の糖の濃度で、高すぎても低くてもいけません。血糖値があがる原因には甘いものの食べすぎもありますが、食事以外の原因もあります。血糖値があがる4つの原因と血糖値が高いことによって起こる糖尿病の怖さをまとめました。

知ってるようで知らない、血糖値って何?

血糖値という言葉をよく聞きますが、実際のところ血糖値とは何なのでしょうか。

血糖値とは血液内のブドウ糖の濃度です。ブドウ糖はグルコースとも呼ばれています。健康な人の場合は血糖値はインスリンとグルカゴンという2つのホルモンの働きで60~110mg/dl程度の一定に保たれています。食後は健康な人でも一時的に血糖値は上がります。

血糖値は高すぎても低すぎても駄目!

血糖値は高すぎても低すぎても駄目!

血糖値は高すぎても低すぎてもよくありません。血糖値が高いのが常態化すると糖尿病となり、さまざまな合併症を引き起こします。

また、血糖値が低いとぼんやりしてきたり、イライラしてきて気力がなくなります。さらに進行するとめまいや頭痛なども起こります。

低血糖症の気をつけ方も血糖値をあげないこと?

女性や子供に増えてきている低血糖症のほうですが、原因は栄養不足のほかには血糖値をあげすぎることにあります。

血糖値があがる糖尿病の初期症状や、治療で血糖値を下げすぎたこと、血糖値があがる糖質の急なあるいは慢性的な摂りすぎが血糖値を下げるインスリンを過剰に発生させて今度は血糖値を下げすぎてしまうのです。

ということは、普段気をつけられる血糖値の異常とは血糖値をあげないことにあります。

血糖値があがる原因

原因1.糖質の摂りすぎ

原因1.糖質の摂りすぎ

血糖値があがる要因で大きなきっかけが、糖質を摂りすぎることです。大量の糖質を摂ると血糖値は急上昇します。分解が追いつかないほど摂ると、健康な人でも尿に糖が出ることもあります。

特に気をつけたいのがペットボトル症候群です。甘い清涼飲料水には思った以上の糖分が溶け込んでいます。甘いジュースや缶コーヒーなどを水代わりに飲んでいると、簡単に重度の高血糖に陥ります。それが常態化することで、本当に糖尿病になってしまうことも少なくありません。

原因2.早食い

血糖値があがるスピードは食べる早さに依存します。同じ糖質たっぷりの食べ物でもゆっくり食べれば血糖値は緩やかに上昇しあまり問題にはなりません。ところが、一気に食べると同じ量でも血糖値の急上昇を引き起こすのです。

原因3.お酒、タバコ、カフェイン

原因3.お酒、タバコ、カフェイン

アルコールの摂取やタバコ、カフェインも血糖値があがることを促します。また、一部の薬も血糖値をあげる副作用があります。

原因4.体調不良

血糖値があがる原因は食べ物や嗜好品だけではありません。病中病後や睡眠不足、過労や無理なダイエットなど、体調不良のときにも血糖値はあがります。

ヒトの身体は血糖値を上げるホルモンは5種類も分泌できますが、下げるホルモンはインスリンしかありません。ヒトは血糖値をあげることは得意ですが、下げるのは苦手な生き物なのです。そのため、体力が下がったり体調が悪化すると血糖値が上がりやすくなります。

血糖値があがると…

血糖値があがると…

血糖値があがることによる最大のリスクは糖尿病です。

糖尿病は五大疾病の一つで生命や生活の質を脅かす恐ろしい病気です。しかも、一旦かかるとずっとおつきあいしなくてはなりません。

糖尿病には失明の原因となる糖尿病性網膜症や腎不全につながる糖尿病性腎症、運動障害や痛みの原因となる糖尿病性腎症などの合併症があります。心筋梗塞や脳卒中、がんや認知症のリスクも上がります。

PR