飲み会なんて怖くない!二日酔いの吐き気の原因・対処法・予防法についてまとめました!
237views

飲み会なんて怖くない!二日酔いの吐き気の原因・対処法・予防法についてまとめました!

多くの人が苦しんだ経験があるであろう、二日酔いの吐き気の原因や対処法、予防法についてまとめました。春から夏にかけて飲み会が徐々に増えてくると思います。飲み会を思いっきり楽しめるようにしっかりと二日酔いに対する予防法や対処法を理解しておくことが大切です!二日酔いの人が周りでいたら是非教えてあげて!

二日酔いの吐き気の原因っていったい何?

alcohol-428392_640

 

二日酔いのつらい吐き気の原因には、いろいろなものがあります。

原因1:脱水症状によるもの

まず、脱水症状による吐き気は、吐き気の原因の中でも一番多いものです。アルコールには利尿作用があります。この利尿作用はアルコールの度数が高いほど高いです。この利尿作用によって、お酒を飲んでいる最中にトイレに行ったりすると、飲んだお酒の量よりも多くの水分が失われていきます。脱水症状になっているときは水をとにかくたくさん飲むことが対処法として考えられています。

原因2:胃酸過多によるもの

吐き気の原因には胃酸過多も考えられます。アルコールには胃酸を多く分泌させる働きもあるので胃酸過多になり、吐き気が起きます。また、胃酸過多は下痢も引き起こすことがあるので要注意です。胃酸過多の吐き気の対処法は、生姜汁を飲むというものがあります。試してみてください!

吐き気がつらい時の対処方法!

一刻も早く吐き気から解放されたいときにはいったいどうしたら良いのでしょうか?二日酔いになって吐き気がひどかった時の対処法の中でも簡単なものをまとめました!

対処法①思い切って吐いてしまう

 

吐き気がするときに我慢してしまう人がいますが、どうしてもつらい時には吐いてしまったほうがよいです。

飲んですぐ後に吐いてしまうのと二日酔いで吐き気がするのとでは違います。二日酔いでまだ吐き気がするということは前日に食べたものが胃の中に残っているということです。普通食べ物は2から3時間くらいで消化されるのですが、寝ても消化されていないということは胃がとても弱っている状態にあるということを意味しています。朝起きて無理に胃に消化させて胃を疲れさせてしまうよりも吐いてしまって胃を休ませてあげたほうが良いのです。

対処法②吐き気に効くツボがあるらしい・・

relaxation-684716_1280

 

電車の中などで急な吐き気が襲ってきたときにすぐに対処できる方法としてツボ押しがあります。吐き気にも効くツボがあるので覚えておくと役に立つかもしれません!

吐き気を抑えるツボは掌の下にあるシワから指2から3本分くらいのところにあります。このツボを反対の手の親指なのでぐりぐり押します。3分くらいずっと押し続けていると吐き気が少しずつ緩和されていきます。すぐに対処したいときにはとっても効果的なので覚えていて損はないと思います!

二日酔いにならないためにできることにはなにがある?

つらい二日酔いにならないためにはお酒を飲む前後の予防策が有効です!

いっぱいの飲む日は事前にウコン

anti-inflammatory-743044_1280

お酒を飲む前・飲んだ後にきちんと二日酔い予防をしておくとつらい吐き気に悩まされなくてすみますよ!

定番の予防方法はやっぱりウコンを飲むことですね。ウコンは肝臓の働きを1.5倍にしてくれる効果があります。お酒を飲んだ直後にウコンを飲むをいいです。また、はちみつをスプーン一杯お酒を飲む前や飲んだ後に舐めるといいとも言われています。また、胃の中が空っぽの状態でお酒を飲んでしまうとアルコールの吸収が強くなってしまうので、飲む前に何か食べておくというのもおすすめです。

PR