全身が痛い病気 線維筋痛症の症状・原因・治療法
101views

全身が痛い病気 線維筋痛症の症状・原因・治療法

全身に激しい痛みを生じる線維筋痛症は、同時にこわばりなども感じる病気です。男性よりも女性に多い病気で、30代から50代の女性が多く掛かっている病気でもあります。全身が痛い線維筋痛症の症状や原因、治療法をご紹介します。

全身のしつこい痛みは線維筋痛症かも

全身が痛い線維筋痛症は、30代から50代の女性が多く掛かる病気です。線維筋痛症の症状や原因、治療法について詳しくご紹介しましょう。

線維筋痛症の症状

からだ全身が広範囲で痛み、痛みの度合いは軽度のものから激痛がはしるものまで

からだ全身が広範囲で痛み、痛みの度合いは軽度のものから激痛がはしるものまであります。いつも同じ場所が痛むというわけではなく、日によって痛みを感じる部分が移動をしたり、気候によって痛みの強さが変わったりもします。

全身が痛くなると、日常生活を送ることに支障をきたし、重度になると爪や髪にさわっただけでも激しい痛みを感じるようになります。

線維筋痛症になると、全身の痛みの他にもこわばり感があったり、疲労感や怠惰感、うつのような症状が出ることもあります。また、微熱が出たり、ついさっきのことも忘れてしまうなどの、記憶障害が出ることもあります。

そして、常に全身が痛むことによって夜に眠ることができなくなり、不眠がストレスとなってさらに痛みを増強させることもあります。

線維筋痛症の症状は診断が難しく、自律神経失調症や更年期障害などの別の病気と診断をされることがあります。

線維筋痛症の原因

線維筋痛症は男性よりも女性に多い

線維筋痛症は男性よりも女性に多く、30代から50代にかけて多くなる病気なのですが、どうしてなるのかという原因はまだ明らかにされていません。

今の段階では、中枢神経が正常に働かないことによって、痛みが脳へ伝わる回路が変わってしまうからではないかと言われています。また、諸説では、肉体的・精神的なストレスが重なることや、事故や手術などのストレスが原因で、線維筋痛症になるのではないかとも考えられています。

線維筋痛症の診断方法

線維筋痛症の診断方法

血液や尿検査、心電図や脳波などで明確な異常がなく、広範囲な部分で強い痛みが3か月以上続く場合に、線維筋痛症と診断されます。

また、決められた18か所の部分を親指で4キログラムの力で押し、11か所以上の部分で痛みを感じると、線維筋痛症と診断されます。

線維筋痛症の治療法

レガバリンという薬が線維筋痛症の痛みに対して保険で治療ができる薬となっている

線維筋痛症は、どのような治療が行われるのでしょうか?

線維筋痛症の治療は、薬物療法と非薬物療法の2つの治療法があります。薬物療法は、抗うつ薬と抗けいれん薬が使われます。また、抗不安薬や睡眠調整薬が併用されます。一般的に使われている痛みを軽減する薬である鎮痛薬は効かず、麻薬なども限界があると言われています。

誰にでも効果があるという訳ではないのですが、プレガバリンという薬が線維筋痛症の痛みに対して保険で治療ができる薬となっています。ただ、プレガバリンには副作用があり、ふらつきや眠気などの症状が出ることがあります。

また、抑肝散という漢方の薬が使われることもあります。抑肝散を使って治療をした患者さんの中には、全身の痛みが、1か月程度の服用で緩和された方もいらっしゃいます。痛みの症状が軽減され、それまでは夜眠ることができなかった患者さんがよく眠れるようになったという例もあります。

非薬物療法では、精神療法として、認知行動療法と有酸素運動を行います。ヨガや気功などの運動をしたり、鍼灸やマッサージなども行われますが、確実に線維筋痛症に効いているかどうかは未だ明らかにされていません。

PR