風邪?それとも他の病気? それ以外にもあった【微熱が続く原因】とは
81views

風邪?それとも他の病気? それ以外にもあった【微熱が続く原因】とは

平常の体温よりも0,6~1度高いものを微熱と言います。微熱が続く原因は風邪や感染症などの病気以外にも、ストレスからくる『心因性』のものがあるそうです。またホルモンのバランスが崩れたことによる体調不良、PMS(生理前症候群)、更年期障害、なども原因の一つとされます。

微熱が続く原因とは

なんとなく怠い、身体が重くてぼ〜っとしてしまう・・・・。こんな時に(風邪?)(インフルエンザ?)と病気を疑う方は多くいらっしゃると思います。

発熱の原因の多くは病原体の感染で炎症を引き起こす為です。38度以上の高熱になると立っているのもつらいでしょう。

一方、寝込むほどではないけれど体が重く、なんとなく不調に感じられる程度の微熱が続く場合もあります。微熱が続く原因は風邪やインフルエンザなどの病原性の感染以外にも、花粉症・アレルギー性鼻炎、ホルモンバランスの崩れからくるPMS(生理前症候群)、更年期障害、薬の副作用などが挙げられます。

それ以外の原因として自律神経失調症等を引き起こす、ストレスからくる『心因性』のものがあります。

微熱が続く原因の病気

ウィルスや菌などの病原体の感染による発熱を伴う病気(一例)
・風邪
・インフルエンザ
・結核
・がん
・膠原病
・肺結核
・慢性胆嚢(たんのう)炎
・虫垂炎(盲腸炎)
・慢性上気道炎(慢性副鼻腔炎、慢性扁桃[へんとう]腺炎)
・慢性膀胱炎
・慢性腎盂(じんう)腎炎
・尿路結石
・関節リウマチ
・白血病
・胆嚢炎(たんのうえん)

微熱が続く原因の病気はいろいろ

ホルモンバランスの乱れからくる微熱の原因

・甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)
バセドウ病もその一つです。甲状腺から出るホルモンの過剰分泌によりホルモンバランスが崩れる病気。

・更年期障害
微熱・ホットフラッシュ・冷え・頭痛・不眠・情緒不安定・吐き気・関節痛・むくみなどいろいろな更年期症状がでます。男性にもあります。

・生理 PMS(生理前症候群)
人によってそれぞれですが、微熱・頭痛・腰痛・腹痛・吐き気・精神不安定などの症状が伴う場合もあります。

ホルモンバランスの乱れからくる微熱の原因もあります

アレルギー反応による微熱の原因

・花粉症、アレルギー性鼻炎
アレルゲンによって引き起こされる過剰反応です。くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が出ることが多いのが特徴。
・薬による副作用

精神的ストレスによる『心因性』微熱の原因

・自律神経失調症
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで保たれていますが、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたします。微熱・疲労感・冷え・のぼせ・めまい・便秘・下痢・耳鳴り・睡眠障害・情緒不安定など様々な症状が現れることがあります。

・慢性疲労症候群
微熱・喉の痛み・集中力の低下・筋肉痛・睡眠障害・情緒不安定など様々な症状が現れます。気分が落ち込んだり頭痛やだるさなどこれらの症状が治らず半年以上続いてしまいます。

ストレスは自律神経失調症を起こす原因

ストレスは自律神経失調症を起こす原因

ストレスを溜めないようにして体調を整えることが大事

自律神経失調症の症状が多岐にわたるように原因も色々な要素が重なっていると言われています。体質や生活環境の変化、生活リズムの崩れなど人それぞれに違います。

『心因性』の微熱が続く原因はストレスです。日常生活を改める・食生活を見直す、または「幸せホルモン」と呼ばれる〈セロトニン〉〈オキシトシン〉を上手に分泌する工夫をしてみる、などの方法を試してみるのもいいかも知れません。

PR