アトピー性皮膚炎の症状には乾燥した発疹からじくじくとした発疹があります
77views

アトピー性皮膚炎の症状には乾燥した発疹からじくじくとした発疹があります

アトピー性皮膚炎の症状には様々な症状があります。程度の軽い物であれば乾燥した状態なのですが、だんだん酷くなってくると、ジクジクとした発疹や、その発疹がかゆいため、掻きむしってしまうと、ごわごわした皮膚になってしまうこともあります。原因もはっきりと特定できません。皮膚科で早めに治療しましょう。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎の症状には、、じくじくとした液が出てただれた状態のものもあります。

アトピー性皮膚炎とは、原因がはっきりしない皮膚の乾燥やかゆみなどです。乳幼児の子供から、大人まで症状がでてきます。

アトピー性皮膚炎の症状には、全身にブツブツとした発疹ができたり、乾燥した発疹もあれば、じくじくとした液が出てただれた状態のものもあります。

乳幼児から子供は、痒みがあるため、皮膚を掻きむしってしまうことがあります。すると症状がだんだん悪化し固い皮膚になってしまうことがあります。

原因として考えられるもの

アトピー性皮膚炎の原因は、まだ現在の医学では特定することができません

アトピー性皮膚炎の原因は、まだ現在の医学では特定することができません。皮膚が乾燥することによって、肌のバリア機能が低下するために、アレルゲン物質が侵入することによって、アトピー性皮膚炎になってしまうのではないかと考えられています。

また環境面では、家庭環境や学校での生活、社会人であれば、就業先での問題や、上司や同僚との関係などがストレスとなり、アトピー性皮膚炎になってしまうのではないかと考えられています。

初期の乾燥した状態の時に、ボディローションなどで身体を保湿すれば、アレルゲン物質の侵入を防ぐことができるのではないかと考えられています。

皮膚のバリア機能とはどういったものなの?

アトピー性皮膚炎は、バリア機能が極度に低下してしまった状態

皮膚のバリア機能は、外部からの刺激や悪い菌が身体の中に入らないようにいつも守っています。人間の皮膚組織は、表皮、真皮、皮下組織という層になっています。健康な皮膚の人と、アトピー性皮膚炎になっている皮膚の人では、このバリア機能に大きな差があります。

皮膚の皮脂膜や角質細胞が乾燥することによって、外気温や汗、皮膚を引っ掻いてしまったなどちょっとしたことが刺激となり、肌のかゆみや発疹が出てきてしまうのです。

アトピー性皮膚炎の方は、このバリア機能が極度に低下してしまった状態でもあるのです。

アトピー性皮膚炎の症状を抑えるには

皮膚への刺激をできるだけ避けましょう

アトピー性皮膚炎の症状を抑える方法は、皮膚への刺激をできるだけ避けていくことです。部屋の中は常に掃除機をかけ、花粉やカビ、糸くずや砂埃、ダニなどを排除するようにしましょう。

また寝具はよく日光消毒を行い、いつも清潔な状態を保っていきましょう。

引っ掻いたりするだけでも刺激になるため、肌にかゆみが出ても、なるべくかかないように我慢することが大切です。

紫外線を避けるには、日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり、帽子を被ったりしましょう。

化粧品や化学薬品を使ったメイク用品も、アトピー性皮膚炎を引き起こす原因となるので、敏感肌用の化粧品やスキンケア用品を使用するとよいでしょう。

体質にも関係があります

アトピー性皮膚炎は、体質にも関係があります。アレルギー性の鼻炎があったり、花粉症や食べ物アレルギーなどがある場合には、アトピー性皮膚炎になる可能性が高くなります。

また親や兄弟がアトピー性皮膚炎の場合、体質を受け継いでいる可能性が高くなります。

たとえば運動をしたときなどたくさん汗をかいたときや、花粉症のシーズンにアトピー症状が出てくるなど、どんな時に症状が出るか、自分で記録に残しておくと、病院での診察や治療に役立ちます。

PR