アトピーは遺伝するの?アトピーの遺伝率はどのくらい?
26views

アトピーは遺伝するの?アトピーの遺伝率はどのくらい?

アトピーは遺伝するのでしょうか?自分がアトピーに悩まされたので、できることなら子どもはアトピーになってほしくないというママさん、パパさんも多いことでしょう。アトピーは遺伝をするのかどうかをみていきましょう。

アトピーって遺伝するの?

アトピーになると、肌がガサガサになったり、かゆくて耐えられなかったりと、つらい状態が続いていしまいます。自分がアトピーなので、できるだけ子供にはそのような心配をさせたくないご両親も多いのではないでしょうか?

アトピーは遺伝するのかどうか、アトピーの遺伝率などについてご紹介しましょう。

アトピーはアレルギーと関係が深い

アトピーはアレルギーと関係が深い

アトピーになる人は、他のアレルギー疾患などを持っている方に多いです。また、アトピーになりやすい要因は、血液検査でIgEという免疫グロブリンの数値という免疫グロブリンの数値で確認することができます。

アトピーの症状がでる人は、体内のB細胞にIgEが表現しています。健康な人にはこのIgEがありません。

このIgEができてしまうのは、環境の変化が関係しているといわれています。例えば、大気中の化学物質、運動不足、栄養バランスが偏っていたり、睡眠不足になったりすることなどです。

アトピーは遺伝するけど・・・

アトピーは遺伝すると言われています

アトピーは遺伝すると言われています。

双子の研究結果から分かったことなのですが、両親が共にアトピーの症状がある場合、50~75%の確率で子どもに遺伝します。これが、片親だけの場合は、子どもに遺伝する確率は、25~30%です。

また、両親ともにアトピーではないけれど、第一子にアトピー症状が出ている場合、次の子どもがアトピーになる割合は20~25%、兄弟にいないばあいでも10~15%の割合でアトピーになってしまいます。

研究結果からわかるように、アトピーは遺伝をする部分もあるけれど、遺伝が100%というわけではないのです。

遺伝だけではないアトピー

アトピーは遺伝だけではない

上記の研究結果から、アトピーは遺伝もすることがわかりましたね。でも、アトピーは遺伝だけではなく、環境的な要因もあります。遺伝要因以外のアトピー要因をみていきましょう。

ダニが多い場所で生活をしていると、体がダニに反応しやすくなってしまい、喘息の症状が出てきてしまいます。また、ほこりやチリなどでも喘息が出ることもあります。アレルギーを引き起こす環境があると、アトピーになりやすいため、生活環境を整備することが大切です。

アトピーの対策方法は?

アトピーに対処する方法は、薬、スキンケア、環境整備の3つです

アトピーに対処する方法は、薬、スキンケア、環境整備の3つです。それぞれを詳しくご紹介しましょう。

【薬物治療】

アトピーの症状を緩和するために、皮膚の炎症を抑えるための薬を使って治療します。ステロイド系の薬が使われる場合もあります。薬は症状が改善されるにつれて、だんだんと回数と量を減らしていきます。

【スキンケア】

汗や汚れが肌に付着したままにしないように、顔を洗ったりこまめにケアをしたりと、スキンケアをすることが大切です。

【環境整備】

早寝早起きの規則正しい生活をしたり、埃やダニなどをこまめに掃除したりと、環境整備をすることも大切です。また、ストレスをためることによって、アトピーの症状が悪化することがあるため、自分なりのストレス発散方法をみつけておくことも必要です。

さらに、アトピーのかゆみに対処するために、保冷剤を使って肌を冷やしてみたり、肌に刺激の少ない素材の肌着を着用することも大切です。爪は短く丸くカットし、引っ掻かないような工夫もしておきましょう。

PR