関節リウマチの治療にはどのようなものがあるの?
105views

関節リウマチの治療にはどのようなものがあるの?

関節リウマチは、放置しておくと手足が動かなくなってしまう病気です。関節リウマチの治療は薬物を中心に行うことができます。また早期に発見治療を行えば、症状の進行を止められます。痛みを押さえる薬や、免疫の異常を治すための調整薬、免疫抑制剤などが使用されます。薬は副作用の弱いものを服用するようにしましょう。

関節リウマチの治療とは

関節リウマチとはどのような病気なの?

関節リウマチは早期治療を行えば、進行を最小限にできる

関節リウマチは30歳から50歳の女性が発症しやすい病気です。全身性結合織病でもあり、膠原病の一つとされています。

身体全体の結合組織が侵されて行く病気で、免疫が異常になると発症しやすくなります。関節に痛みなどの症状がでたり、血管の炎症や貧血症状しこりなどが出てきます。

関節リウマチの治療は早期に治療を行えば、進行を最小限まで食い止めていくことができます。

女性に多い理由とは?

関節リウマチが女性に多い理由は、女性ホルモンに関係しています

関節リウマチが女性に多い理由は、女性ホルモンに関係しています。妊娠中は、妊娠に関するホルモンが増えていき、一時的に免疫の働きが抑えられていきます。出産後は妊娠中に免疫が抑えられていた反動で、逆に一時的ですが、免疫の働きが高まるため、自己免疫疾患が起こりやすくなってしまうからです。

症状に気がついたり、身体に異変があることにきがついたら、すぐに病院へ行きましょう。放置しておくと病気が進行していく可能性があります。

関節リウマチの治療は薬が有効です

いろいろな薬を服用する必要が出てきます

関節リウマチの治療にはさまざまな薬が必要

関節リウマチの治療にはさまざまな薬を服用していかなければなりません。また副作用にもつきあっていかなければならないため、成分の弱いものから順に試していき、副作用を抑える必要があります。

痛みをやわらげるには

痛みや炎症を抑えるために抗炎症剤が使用されます。炎症の元になる物質を作らないようにする薬で、鎮痛効果や解熱作用があります。妊娠中は服用することができないので注意しましょう。

免疫の異常を正す薬が必要です

免疫の異常を正すために免疫調整剤や免疫抑制剤が使用されます。副作用が出やすいため、胃腸障害やがんになりやすくなります。

薬の効果が出るのは三カ月後ぐらいから

実際に薬を服用しはじめても、すぐにその効果がでるわけではありません。薬の効果が出始めるのは、三カ月ほどまたなくてはなりません。

リハビリは積極的に行いましょう

患者自身もできることを行いましょう

ウォーキングなどで、関節が固まらないように

関節リウマチになると、一生その症状と付き合っていかなければなりません。そのために、病気に対する知識や情報を積極的に得ていきましょう。また家族や職場の方にも、病気のことを打ち明けておくと困った時に助けてもらうことができます。

身体を冷やさないようにしましょう

関節リウマチは身体が冷えると症状が悪化しやすいため、なるべく身体を温めましょう。温かいお風呂に入浴して身体を温めたり、夏場は肌をあまり露出しない方がよいでしょう。

肥満になると症状が悪化します

体重が増加し、肥満傾向になると症状が悪化しやすいため、適正体重を保つようにしましょう。

身体を動かさないでいると、関節が固まってしまうため、毎日ウォーキングなどの軽い運動を行い、関節が固まらないようにしましょう。

また病院で行うリハビリはできるだけ受けるようにしましょう。

運動療法や超音波や温浴などの物理療法、手工芸を行う作業療法を通して、毎日関節を動かすことによって、症状の悪化を防ぐことができます。

関節リウマチは首の運動を行うと頸椎を痛めてしまう原因になってしまう場合もあるので、首の運動はあまり行わない方がよいでしょう。

PR