そのダルさ!もしかすると栄養不足かも。中性脂肪が低いと脳も栄養不足に
99views

そのダルさ!もしかすると栄養不足かも。中性脂肪が低いと脳も栄養不足に

中性脂肪が低いと脳も栄養不足になってしまうので、なんとなくやる気が出なくなったり、身体がだるく感じやすくなります。中性脂肪が低くなってしまう原因はダイエットのしすぎによるものです。中性脂肪が低いと、ホルモンの働きが悪くなり、肌がカサカサになったり、疲れやすくなったりなどの症状が現れます。

中性脂肪は悪者というイメージがありますが……

中性脂肪にも大切な働きがありました

中性脂肪が低いといい?中性脂肪が高いとダメ?

中性脂肪という名前を聞くと、おなかにたっぷりとお肉ののったメタボ体型の中年男性をイメージされる方も多いのではないでしょうか。
健康診断をしたとき、中性脂肪の数値が高すぎると、医師から日常の食事内容を見直したり、運動をするように指導されることもあるでしょう。
確かに、中性脂肪の数値が高すぎると、心臓関係の疾患にかかりやすくなったり、動脈硬化になりやすくなるため、なんとなく中性脂肪はよくわからないけれど、悪いものだと認識されている方も多いことでしょう。
しかし、中性脂肪にも大切な役割があったのです。

空腹時に中性脂肪がエネルギー源になってくれます

中性脂肪は空腹時の栄養源に

中性脂肪の働きは、空腹時に身体に必要なエネルギー源となってくれることです。
人は、何日も食べ物がない状態になると、これまで身体の中に貯め込み続けてきた中性脂肪を分解させ、身体に必要なエネルギーとなります。たとえば、飢餓状態になっても、人はすぐにダウンしてしまうことはありません。その理由は、中性脂肪があるからです。

中性脂肪は、毎日の食事から作り出される他にも、身体の中で作り出すことが可能です。人は何も食べない状態が数日続いても、生きていくことができます。それは中性脂肪があるからなのです。
人は食事を取ったときに、脂質が小腸から吸収されていき、身体を動かすエネルギーとして使われます。そして余った分は中性脂肪として身体に蓄積されていきます。身体についたぜい肉が中性脂肪ということになります。
炭水化物をたくさん取ったときや、お酒を飲みすぎたときにも中性脂肪は身体に蓄積されて行きます。中性脂肪は、エネルギー源となる以外にも、体温を保つ働きや、内臓の回りを脂肪で覆うことによって、内臓を守る働きもあります。

中性脂肪は多すぎても、成人病の原因となるので、多すぎると身体によくないし、逆に少な過ぎても問題があるのです。

中性脂肪が低いとどうなるの?

低すぎると健康上の問題が出てきます

中性脂肪が低いと抜け毛が増える?!

中性脂肪が低いと身体に様々な健康上の弊害が現れてきます。
ダイエットによる食事制限を長期間行っているという方は、中性脂肪が低い傾向にあります。中性脂肪が極端に少なすぎると、体温を維持することが出来ず、一日中、寒気を感じたり、身体の臓器も冷えてしまうため、新陳代謝もうまく働きません。脳に送られる栄養分も少なくなってしまうので、なんとなくやる気が出なくなってしまったり、身体がだるく感じたり、抜け毛や肌の衰え、免疫力が低下するなどのさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

健康な身体を維持し続けるためには、やはりある程度の中性脂肪は必要なものです。
糖質やタンパク質は身体を動かすための重要なエネルギー源でもあるため、規則正しい栄養バランスの整った食事をすることが重要なのです。

食事はしっかり取っているのに低い人は?

気になる点があったら受診

食事は毎日しっかり取っているのにも関わらず、中性脂肪が低い場合には、甲状腺関係の病気にかかっている可能性があります。甲状腺のホルモンの異常により、中性脂肪が低くなってしまうのです。

なんとなく精神的にイライラしたり、不安定な状態になったり、トイレが近くなったり、めまいなどの症状が伴うことがあるので、こうした症状に気がついたら、すぐに病院を受診しましょう。

PR