熱で関節が痛い病気は?風邪の反応からインフルエンザ、リウマチまで
153views

熱で関節が痛い病気は?風邪の反応からインフルエンザ、リウマチまで

風邪を引くと発熱で関節が痛みますが、意外な原因とは?風邪のウイルスが関節に回ったのではなく身体の作用によるものなのです。また、風邪以外の発熱と関節痛を伴う病気をまとめました。関節リウマチなど、放っておくと怖い病気もありますので識別方法を参考にしてください。

風邪の発熱で関節が痛くなる理由

風邪の発熱で関節が痛くなる理由

発熱で関節が痛い症状で一番多いのが風邪です。経験のある人も少なくないのではないでしょうか。

風邪の発熱で関節が痛い理由は、風邪のウイルスや細菌が関節に回ったわけではありません。風邪のウイルスや細菌が身体に進入すると免疫が働いて白血球から出るサイトカインという物質がウイルスや細菌と戦います。このときに過剰に分泌しすぎた免疫を抑えるためにプロスタグランジンE2という物質が出て、これが頭痛や関節痛を引き起こすのです。

風邪の場合は、通常38度未満の発熱と、鼻や喉などの症状が特徴です。
風邪による関節痛は風邪が治ればおさまりますし、通常は後遺症などはありません。たっぷり水分を摂ってよく休み、風邪の完治を心がけましょう。

風邪だけではない?発熱と関節痛

熱で関節が痛い症状は風邪だけではありません。中には放っておくと危険な病気の可能性もありますので、それぞれの病気の症状や識別方法などを紹介します。

インフルエンザ

インフルエンザの場合

発熱と関節痛で風邪の次に疑わしいのはインフルエンザです。

風邪と症状が似ていますが、熱が38度以上で、症状の進行が早いとき、関節痛や倦怠感などの全身症状が強い場合はインフルエンザの可能性があります。インフルエンザは流行するのも特徴です。インフルエンザの流行情報がある場合も注意しましょう。

膠原病

関節リウマチや結節性多発動脈炎などの膠原病でも関節の痛みと発熱が起こることがあります。膠原病は女性に多い病気で、関節や臓器に破壊をもたらし、完治することはあまりありません。

ただ、近年では症状をコントロールして良い状態を保つことも可能な病気となっています。大切なのは早期発見と早期からの治療です。

実は膠原病の関節痛のメカニズムは、風邪のときの関節痛のメカニズムと同じものです。膠原病では免疫作用が暴走して、関節への攻撃が止まらなくなってしまうのです。

見分け方は、主な症状が熱より関節痛であることが多く、風邪と違って長引いていつまでも治らないことです。いったん良くなったように見えてまた再発を繰り返すこともあります。関節痛が何ヶ月も治らない場合は早めに内科を受診しましょう。

偽痛風

偽痛風という病気もあります

痛風は尿酸値が上がり、全身の関節が激しく痛む病気ですが、痛風に似た病気で尿酸値の異常を伴わない偽痛風という病気があります。

痛風は普通は発熱しませんが、偽痛風は発熱と関節痛があるのが特徴です。半分は膝関節に症状が出ます。
この病気を放っておくと関節が変形してしまうことがあります。しつこい膝の痛みと発熱がある場合は整形外科を受診しましょう。

化膿性関節炎

本当に細菌が関節に入り込んでしまうと化膿性関節炎という病気になります。化膿性関節炎は緊急に治療をしないと急激に関節が破壊されてしまう怖い病気です。

症状は関節が動かせないほどの激しい痛みや腫れ、そして発熱です。
しかし、健康な成人が急に化膿性関節炎にかかることはあまりありません。高齢者や乳幼児、関節リウマチや変形性関節炎などの関節の病気が元々ある方、怪我や関節手術後の方などがかかりやすい病気です。

もし化膿性関節炎の可能性がある場合はすぐに整形外科を受診してください。

PR