緊急事態に備えて急性アルコール中毒の処置を心得ておく
142views

緊急事態に備えて急性アルコール中毒の処置を心得ておく

年末年始の忘年会新年会シーズンのために急性アルコール中毒の処置の仕方を心得ておきましょう。 そのような事態にならないのが一番良いのですが、やはり度々そうした緊急事態が起きています。 万が一の時のために正しい処置の方法をご一緒に調べてみましょう。

飲み会の席などで急性アルコール中毒に対処する

適量を超えた時

年末年始は飲み会などで楽しくお酒を飲むのが毎年の習慣になっている方は多いのではないでしょうか。そのような楽しい親睦の時間を台無しにしてしまうのが、お酒の飲み過ぎによる急性アルコール中毒です。
急性アルコール中毒の処置の仕方を頭に入れておきましょう急性アルコール中毒とは具体的にどのような場合に発生するものなのでしょうか。簡単に言うとアルコール飲料の中のエタノールを短い時間に適量を超えて摂取した場合に起こる症状です。昏睡状態に陥ったり呼吸抑制、血圧の低下など様々な症状が現れることがあります。最悪の場合には死亡に至るケースもあるので、これは軽く見ていいことではありません。
しかし急性アルコール中毒のニュースは度々聞くことがありますので、やはり飲み会の楽しさに負けて適量を超えて飲んでしまう方はいるようです。自分と一緒にお酒を飲んでいる人、またお店にたまたま居合わせた人が急性アルコール中毒になる可能性はいつでもありますので、そうした緊急事態に備えて急性アルコール中毒の処置の仕方を頭に入れておくのは助けになります。

早い段階で手を打つのが大事

急性アルコール中毒は、急に昏睡状態になるわけではありません。その手前の段階として酩酊状態に陥ることがほとんどです。立ったり歩いたりすることもままならなくなり、意識もはっきりしないような状態です。いわゆるベロベロに酔っ払った状態になってしまったら急性アルコール中毒の初期の可能性がありますので、周りもそこからさらにお酒をすすめたりせずに、気をつけることが大切です。
早い段階で手を打つのが大事このような場合には横になったままの場合が多いかもしれませんが、仰向けに寝ていると吐いた時に嘔吐物が喉に詰まったりして窒息の危険があります。そこでうつ伏せに寝かせて、吐いてしまっても嘔吐物が自然に流れるようにしておくことが大切です。場合によっては嘔吐したあと、口の中に指を突っ込んで嘔吐物を掻き出してあげる必要もあるでしょう。
かなりの酩酊状態で危険な状態だと判断したらこうした処置ができるように心の準備をしておきましょう。

遅くならないうちに救急車を呼びましょう

もしも昏睡状態に陥っていると判断された場合は、周りの人間ができることはもう少なくなっています。体温が下がっていかないように暖かくしてあげたり、嘔吐した場合に備えてうつ伏せの状態をとらせたりするくらいしか直接できることはありません。誰かが昏睡状態だと思われる場合には時を逸することなく急いで救急車を呼ぶようにしましょう。遅くならないうちに救急車を呼びましょう間違っても眠っているだけだからそっとしておこうなどとは考えないで、迅速な行動を心がけた方が安全です。
昏睡状態に陥っているかどうか判断が難しいと思える場合にも、変にためらっているよりは救急車を呼ぶほうが安心でしょう。急性アルコール中毒の場合、処置の速さが生存率を大きく左右するものですので、自分が急性アルコール中毒にならないように気をつけると共に、周りの人が危険な状態になった時は、とにかく早め早めの処置をするようにしてください。
アルコールはなるべく適量にとどめて楽しい食事会や飲み会にしましょう。

PR