ストレスが原因?副腎疲労の症状は日常生活が送れないほどの状態に!
158views

ストレスが原因?副腎疲労の症状は日常生活が送れないほどの状態に!

副腎疲労の症状はストレスが原因で副腎ホルモンのバランスを崩し、コレチゾールが過剰に蓄積されることによってひき起こります。ストレスが一番の要因ですが、タバコやコーヒー、生活習慣、過労などが原因で起こります。副腎疲労の症状を改善するには、ストレスを避け、ビタミンを摂取することです。

副腎疲労の症状とは?

副腎の機能とは

Wikipediaより引用「副腎」

Wikipediaより引用「副腎」

副腎の機能には、身体に必要なエネルギーを代謝させる働きや、血糖値を調整する働きがあります。この正常に機能することで、生命を保つことができるのです。副腎はホルモンを出すことによって、身体の臓器に働きかけを行うのですが、臓器を動かす他にも、ホルモンは疲労にも関係するのです。

三つのホルモンが疲労に関係しています

アドレナリンとノルアドレナリン、コルチゾールの三種類のホルモンが分泌されています。

アドレナリンの役目とは

アドレナリンの役目とはアドレナリンの役目は、人は不安や恐怖、怒りの感情を覚えた時に、アドレナリンが分泌し、感情に合わせて身体の臓器や筋肉に指令を送ります。具体的には、血圧や心拍数、血糖値をあげさせます。ストレスがかかった時に対応できるようにホルモンが働くのです。

ノルアドレナリンの役目とは

ノルアドレナリンはアドレナリンから作られるホルモンです。感情的になったときに、身体はストレスを受けます。アドレナリンと逆の働きをし、感情を抑える働きがあります。アドレナリンとノルアドレナリンはバランスを保っていなければ、感情的に不安定になり、うつ症状になることもあります。

コルチゾールはストレスで蓄積される

コルチゾールはストレスで蓄積されるコルチゾールは視床下部から命令を受けてホルモンの分泌を行っています。ストレスを受けるとマイナスの感情をもたらすホルモンとそれを鎮めようとするのホルモンが一時的に超過しますが、すぐに元のレベルに戻ることができます。コルチゾールは別でストレスを受ければ受けるほど、ホルモンが蓄積されてしまうです。また元のレベルに戻るまでには長い時間がかかります。そのため、コルチゾールが蓄積されることによって、免疫力や血糖値が下がっていくのです。こうした状態が続くと、脳に十分な血液や糖分が送られなくなってしまうため、疲労を感じやすくなります。副腎疲労の症状は、コルチゾールの分泌量が極端に増え続けたり、極端に少なすぎることによって引き起こされてしまうのです。

社会生活日常生活が困難になる副腎疲労の症状

体重に変化が現れます

副腎疲労の症状にはさまざまなものがあります。疲労感を常に感じていたり、体力がなくなり、やる気が出ない、ベッドから起きれない、仕事や学業に集中することができないなどの症状があります。また甘い物や脂ののったステーキなどを食べたくなったり、低血糖や低血圧の状態が続くので、体重が極端に増えてしまう人もいれば、反対に減ってしまう場合もあるのです。

副腎疲労の症状は趣向も変わります

副腎疲労の症状は趣向も変わります副腎疲労の症状は趣向も変わってきます。身体が疲労感を常に感じているため、身体が動かず集中できないため、コーヒーを何倍も飲むようになります。また副腎の機能が正常に働かないため、体内では塩分不足が起きます。そのため塩気のある食べ物を好むようになるのです。塩分の摂取は、適量であれば体内で不足している状態であるため、副腎疲労に効果があります。

副腎疲労の症状を改善するには

副腎疲労の症状を改善するには、ストレスをなるべく避けることです。また喫煙をやめ、コーヒーはできるだけ飲まないようにしましょう。食事面では、ビタミンBやビタミンCを含む食事をするように心がけましょう。

PR