これからの季節に多い風邪の引き始めの寒気がする理由と対策
67views

これからの季節に多い風邪の引き始めの寒気がする理由と対策

寒い季節は何かと体調を崩しやすい季節になっています。特に年末は仕事も佳境になっていますので体調を崩して休む事は難しいと思います。風邪の引き始めにある寒気がする理由を知っておけば、体調を悪化させることなく、回復させる事も可能になりますので、正しい対処方法を行うようにしてください。

風邪をひいてしまうと寒気がするのはなぜ?

風邪をひいてしまうと寒気がするのはなぜ?寒い季節は体調を崩しやすいので普段以上に注意が必要になります。しかし、しっかり注意していても体調を崩してしまう時は必ずあります。温かい場所にいるのに寒気を感じたら熱が出るサインの可能性がありますので綬分な注意が必要です。

熱が出る前に悪寒がする事は誰でも知っている事だとは思いますが、どのような仕組みで悪寒がするかを説明できる人はそれほど多くありません。そこでこのページでは悪寒のメカニズムについて詳しくご紹介させて頂こうと思います。悪寒のメカニズムを知る事で、悪寒を感じた時の正しい対処方法などをしっかりと行う事ができるようになります。特に小さいお子様と一緒に暮らしている方は、是非参考にしてみてください。

風邪を引くと寒気がする理由

風邪を引くと寒気がする理由寒気がする理由の最も根本的な原因は、ウィルス感染です。体内にウィルスが感染してしまうとウィルスは徐々に増殖を行って行きます。喉に張り付いているウィルスは咳やくしゃみなどで体外に出そうとしますが、それでも体外に出せない場合には、死滅させようと体が抵抗を始めます。ウィルスは基本的に熱に弱い為、体内では発熱をする事でウィルスをやっつけようとします。

体温が上がってくるので外気との温度差が現れ始める為、寒気を感じるという事なのです。大体の人は熱はウィルスによって行われていると思われがちですが、人間の脳が防衛本能の為に熱をだしているので正常な働きなのです。つまり寒気は体内に侵入したウィルスを死滅させるために体温が上昇したから起こるという事になります。

知っておいてほしい寒気がした時の対処方法

寒気を感じたら時にどうしたらよいかの対処方法をご紹介します。寒気を感じたという事は、体内にウィルスが侵入しているので闘っているという事になります。その為、その働きを阻害しないように注意する事がポイントとなってきます。

最初に行わなければいけないのが免疫力を高める働きです。体内でウィルスと戦っている手助けになるようにとにかく体を温める事が重要になります。熱を測って体温が38度以下の場合には、41度くらいの湯船に浸かってください。長風呂をしてしまうと身体を温める事はできますが、湯冷めの可能性や、逆に体力を奪ってしまう可能性が高くなっておりますので、長風呂はせずに身体を温めるのがポイントとなります。その後、お風呂からでたら身体が温かいうちにお布団に入って温まりましょう。長風呂はせずに身体を温めるのがポイント

寒気を感じた時に行う他の対処方法

寒気を感じたら、お風呂で温めた後でお布団に入る方法をご紹介しましたが、もし体温が上がり過ぎて、過度の火照りを感じるようになってしまった場合には、熱を下げる為に少し冷やすのも効果的です。手足がポカポカしている状態でしたら十分に温まっている状態ですので、顔が赤くなってきたら少し体温を逃がすような調整をします。

氷まくらをする事はもちろん、衣服を少し熱の逃げやすいような薄手の物と交換したり、これまで使用していた掛布団よりも薄手の掛布団を用意して熱を逃がしやすい環境を造るのもおすすめです。初期の段階である程度汗をかいている事も多いので、このタイミングで衣服をチェンジすると気持ち悪くなくなりますのでおすすめです。

また寒気がする場合には、これから汗をかいてくる可能性が十分に考えられますのでこまめな水分補給は重要になってきます。スポーツドリンクなどは通常の水よりも吸収が早いのでおすすめです。また、体内をポカポカさせるために生姜湯なども準備しておくのもおすすめです。

PR