線維筋痛症の症状はガラスが刺さったような痛み!専門外来を受診しましょう
389views

線維筋痛症の症状はガラスが刺さったような痛み!専門外来を受診しましょう

線維筋痛症の症状はガラスが刺さったような鋭い痛みがします。痛みがあるので、病院へ行って検査を行っても明確な検査結果が出ないため、原因不明と診断されてしまうケースもあります。認知度の低い病院であるため専門外来でなければ見落とされるケースもあります。症状に気がついたら専門の医療機関の門をたたきましょう。

線維筋痛症の症状は鋭い痛みが駆け巡る!

線維筋痛症とは

原因が特定できないケースがほとんど線維筋痛症とは、まるで身体のどこかにガラスの破片が突き刺さったような鋭い痛みを感じます。我慢できないほどの鋭い痛みですが、病院を受診して検査を行っても、原因が特定できないケースがほとんどです。
日本でもあまり認識度の低い病気であるため、受診した医師も線維筋痛症の症状に、全く気がつかないこともあります。最悪なケースであれば、何軒もの病院をたらい回しされた後、そのまま放置されてしまうケースも多くあります。

線維筋痛症の症状が出やすいのは中高年の女性でした

線維筋痛症の症状が出やすいのは男性よりも女性の方が多いのが特徴です。女性の方がストレスを受けやすく、自律神経も乱れやすいので、線維筋痛症の症状が強く出やすいのかもしれません。

保険適用の薬で治せるようになりました

保険適用の薬で治せるようになりました線維筋痛症の症状を押さえてくれる薬が出てきました。その薬は、うつ病で使用される薬で、うつの状態を抑えるプレガバリンという薬です。
保険を適用することができるので、症状に気がついたら専門病院へ行き早期に治療を行うようにしましょう。

線維筋痛症の症状には痛み以外にも

線維筋痛症の症状には痛み以外にも、睡眠障害、疲労感、身体の筋肉が硬直するなどの症状があります。線維筋痛症の症状で痛みがあって眠れなくなると、睡眠不足の状態になり、常に疲れを感じてしまうという悪循環になってしまうこともあります。一度負のスパイラルに踏み込んでしまうと、なかなか抜け出せなくなってしまうことも。

抑肝散という漢方薬に効果があります

日本線維筋痛症学会の研究によれば、抑肝散(よくかんさん)という漢方薬を飲むとよく眠れるようになり、眠っている間は病気の不安が取り除かれ症状がよくなったという研究データがあります。線維筋痛症の症状に悩まされている方は、漢方を取り入れている専門病院に相談してみるとよいでしょう。

中高年女性に多いのは、過労とストレスが原因かも!?

家族の負担が増えるとストレスに!

家族の負担が増えるとストレスに!この病気が中高年女性に多いのは、ストレスが大きな原因ではないかと考えられています。
女性が中高年の時期に差し掛かると、家族の負担も大きくのしかかります。子供の受験や、親の介護、家族の世話や、家事に仕事など、すべてを自分ひとりで行わなければならず、心身ともに疲れてしまいます。そうしたことが要因となって、線維筋痛症の症状が出てくるのかもしれません。
ストレス以外にも、過去の手術や事故が原因で起こる可能性もあります。

病院ではこんな治療が行われます

線維筋痛症の症状が出たら、専門に診療してくれる総合病院か大学病院を受診しましょう。症状を緩和させてくれる薬を処方してくれる他にも、電気治療を行ったり、軽いウォーキングを行うだけでも症状が緩和されることがあります。
またマッサージや、カイロプラクティックも効果がある場合もあります。
日常生活では、忙しくても必ず自分ひとりの時間を取り、心身ともにリラックスすることが大切です。

PR