女性ホルモン低下の症状とは?女性ホルモンを増やす方法も紹介しています!
371views

女性ホルモン低下の症状とは?女性ホルモンを増やす方法も紹介しています!

女性ホルモン低下の症状はたくさんあります。なぜなら、女性ホルモンは女性が美しく、女性らしく、健康に生きるためには絶対に欠かせないものだからです。女性ホルモンが低下することによって具体的にどんな症状が表れるのか、また女性ホルモンを増やすために効果的なポイントをまとめました。

女性にとって欠かせないホルモン!

そもそも女性ホルモンとは?

女性ホルモンは女性が健康に過ごすために必要不可欠なホルモンであることはみなさんご存じかと思います。しかし、女性ホルモンが具体的にどんな働きをしているか知らない人も多いのではないでしょうか?女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンに分けられ、それぞれ違った働きをしています。

そもそも女性ホルモンとは?プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、主に妊娠に大きく関係しているホルモンです。妊娠は女性ならではですので、プロゲステロンは女性ならではのホルモンとも言えますね。具体的には、子宮内を妊娠しやすい状態に整える働きをしています。妊娠後は妊娠を継続するために子宮の環境を整えます。妊娠すると体温が上昇するのも、このプロゲステロンの働きによるものです。

一方でエストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、女性らしい体を作る働きをしています。女性らしいふっくらとした体を作るのも、サラサラの髪やキメ細やかな肌を保つのもエストロゲンの働きです。日頃から美容に励む女性はとても多いのですが、美容のためにはエストロゲンが欠かせないことも覚えておきましょう。

女性ホルモン低下の症状

女性ホルモン低下の症状では、女性には欠かせない女性ホルモンが低下すると体にはどのような影響が出るのでしょうか?まず、女性ホルモン低下の症状として挙げられるのが月経不順です。女性ホルモンが低下すると月経周期が乱れたり、月経痛が重くなったりします。また、月経は妊娠とも深く関わっています。月経不順により排卵されていない場合には、妊娠することが困難になってしまいます。これから妊娠を望むのであれば、女性ホルモンのバランスを整えて月経不順を改善することが重要です。

前述したように、女性ホルモンは女性らしい美しい体を作る働きをしています。そのため、女性ホルモンが低下すると肌や髪にも影響が出てしまいます。髪に潤いがなくなったり、肌がボロボロになり肌荒れも増えます。また、女性ホルモン低下の症状は精神面にも表れます。女性ホルモンが低下することで自律神経が乱れ、精神的にも不調になってしまいます。

女性ホルモンが低下すると、様々な病気を引き起こします。例えば、脳梗塞や心筋梗塞、骨粗しょう症、アルツハイマー病、萎縮性膣炎などが挙げられます。脳梗塞や心筋梗塞は命に関わる重大な病気です。また、骨粗鬆症やアルツハイマー病は高齢者の病気と思われがちですが、女性ホルモンが低下することによって若い人でも病気になる可能性はあります。女性ホルモンが低下する閉経後はもちろんですが、若いうちから女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。

女性ホルモンを増やすには?

女性ホルモンを増やすには?女性ホルモンを増やすためには、まずは生活習慣を整えることが重要なポイントとなります。睡眠時間をしっかりと確保し、疲れやストレスを溜めない生活を心がけましょう。ストレスはホルモンバランスを乱す大きな要因です。現代社会では女性がバリバリと働くことも珍しくなく、ストレスが溜まりやすい社会と言えます。そのため、意識してストレスを発散しないとホルモンバランスが乱れてしまいます。また、バランスの取れた食生活も女性ホルモンを増やすためには欠かせません。特に、ビタミンやミネラルを多く摂取しましょう。

また、冷えも女性ホルモンを低下させる原因です。普段から体を温める服装を意識し、お風呂は湯船に浸かる習慣を付けましょう。体を温めることで卵巣の機能が活発になります。

PR