多汗症の治療について!多汗症の悩みを解決します
134views

多汗症の治療について!多汗症の悩みを解決します

意外と悩んでいる人が多い、多汗症の治療法を紹介しています。多汗症の悩みは、多汗症の人にしか分からない深刻なものですよね。多汗症の症状が日常生活に支障をきたすほどであれば、治療をすることをおすすめします。主に病院ではこのような治療が行われています。

多汗症はコンプレックスになる

多汗症を治したい!

多汗症を治したい!多汗症とは、その名の通り汗をたくさんかく病気です。人が汗をかくことは当たり前のことです。誰でも緊張した時や暑い時、辛いものを食べた時に汗をかきます。しかし、多汗症の場合は前述した場面はもちろんですが、特にきっかけがない場合でも汗をかきます。汗の量は人によって様々ですが、中には流れ落ちるほどの大量の汗をかく人もいます。

多汗症は、大きなコンプレックスになり兼ねません。特に掌に汗を多くかく人は、触れたものが濡れてしまう、汗が気になって手をつなぐことができないなど生活に支障が出てしまいます。また、汗をたくさんかく人は不潔に見られがちです。多汗症が理由で人とうまく接することができない人も少なくはないはずです。

多汗症の原因

最も大きな原因と言われているのがストレスや不安多汗症の原因は様々ですが、最も大きな原因と言われているのがストレスや不安など精神的なものです。ストレスや不安を感じると交感神経が刺激され、汗が出やすくなります。これは多汗症でない人も当てはまるのですが、多汗症の人は交感神経がより敏感だと言われています。つまり、交感神経が敏感だと多汗症の症状を感じやすいということです。また、汗をかくことによって更にストレスや不安は高まり、より多く汗が出てしまう悪循環となってしまいます。

多汗症の原因にはホルモンバランスも関係しています。特に女性はホルモンバランスが乱れることで多汗症になることが多いようです。ホルモンバランスは生理や閉経、妊娠によって乱れます。また、生活習慣の乱れによってもホルモンバランスが乱れてしまいます。睡眠不足が続いていたり、食事制限など無理なダイエットをしていませんか?逆に、肥満体型の場合でも多汗症になりやすいようです。多汗症を改善するためには、生活習慣を整えることが基本中の基本と言えます。

他にも、バセドー病、糖尿病、急性リウマチなどの持病や遺伝が原因となる場合もあります。多汗症の治療をするのであれば、まずは自分自身がどのような原因で多汗症になったのかを知ることが大切です。

多汗症の治療

自分でできる多汗症の改善方法

多汗症に気付いたら、まずは自分でできる改善方法を行ってみましょう。前述したように、多汗症の最も大きな原因は精神的なものです。そのため、精神的な不安やストレスを解消することで多汗症の症状が軽減される可能性があります。なるべくストレスを溜めないように心がけたり、こまめにストレスを発散しましょう。

一時的ではありますが、制汗剤の使用もおすすめです。ただし、制汗剤は多汗症を治療する効果はないため、使用することによって症状が改善することはありません。しかし、お出かけの際には制汗剤を携帯しておくと便利ですね。

病院で行われている治療法

病院で行われている治療法病院では、様々な多汗症の治療法が行われています。多汗症の原因が精神的なものである場合にはカウンセリングなどの心身療法で症状が軽減されます。また、精神安定剤を服用することで緊張や不安を取り除き、これによって汗が出るのを抑える治療法もあります。

薬物療法では、前述した精神安定剤の他にも塗り薬や注射薬、内服薬が使われています。これらの治療で改善が見られない場合は、手術によって治療を行います。多汗症が重症である場合、健康保険が適用になります。そのため、以前よりも多汗症は気軽に治療しやすくなったと言えるでしょう。

PR