風邪みたいだけど何か変だと思ったら…初期の膠原病の症状の見分け方
389views

風邪みたいだけど何か変だと思ったら…初期の膠原病の症状の見分け方

膠原病は一つの病名ではなく関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの、身体の免疫が全身の臓器を侵す病気の総称です。今日では膠原病は早期発見できれば昔ほど怖くありません。早く気づいておきたい膠原病の症状とは何でしょうか。

膠原病って何?

膠原病って何?膠原病とは、一つの病名ではなく全身の関節などの複数の臓器に炎症を起こす病気のグループを指します。膠原病の中には、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、ベーチェット病、シェーグレン症候群などのたくさんの病気があります。これらの病名を聞いたことのある人はいるのではないでしょうか。
膠原病では再発と寛解を繰り返しながら、主に関節と皮膚、肺や腎臓など臓器が侵されていきます。

膠原病は早期発見と治療が大切

膠原病は早期発見と治療が大切かつて膠原病は不治の病といわれてきましたが、現代では薬物などで管理しながらほとんど症状に苦しめられず良い状態を保つこともできるようになりました。
ただ、膠原病では徐々に全身の臓器や関節が破壊されていきますが、一度壊れてしまった臓器や関節は治りません。関節リウマチでの関節の変形などが有名です。
ですから、膠原病は一日も早く発見して治療を開始することが大切なのです。

膠原病の治療

現代でも膠原病を完治させる治療法は未だ見つかっていません。
膠原病の治療は薬物療法がメインです。ステロイドや消炎鎮痛剤などで炎症を抑えたり、免疫抑制剤で自己免疫が臓器を攻撃するのを防いだりします。

一日も早く膠原病を発見したい

ほとんどの膠原病は女性に多く、進行してしまうと生活の質を大きく下げてしまったり、病気によっては生命の危険もあります。
炎症による破壊が起こる前に膠原病を発見したいものです。
初期の膠原病の症状をご紹介します。

謎の発熱

謎の発熱微熱や、38度くらいのはっきりとした熱などさまざまなケースがありますが、原因不明の熱が出ることがあります。初期は風邪と間違いやすく、後から振り返って「あれが初期症状だった」と思うことも珍しくありません。

関節のこわばり

関節のこわばり関節や皮膚にこわばりが出るのも膠原病の症状に多いです。手指の腫れやこわばりは最初に気がつきやすい症状でしょう。筋肉痛に似た症状が出る膠原病もあります。
心当たりがないのに関節や筋肉が痛んだり、なかなか治らない場合は一度検査を受けてみましょう。

だるさ・体重減少

全身のだるさや、息切れ、胃腸の不快感などもあります。この場合も風邪や体調不良と勘違いしがちですが、なかなか治らなかったり、一旦治ってまた症状が現れたりします。また、何もしなくても体重が減っている場合も注意しましょう。

皮膚の異常

一部の膠原病には、皮膚に湿疹や紅斑が出たり、皮膚が硬くなったり、あるいは口内炎ができるなどの皮膚症状があります。膠原病に限らず、皮膚症状は病気を識別する上でとても大切な症状です。他の皮膚病と識別するためにも、皮膚に治りにくい異常があるときは皮膚科の受診をお勧めします。

レイノー現象

初期の膠原病の症状の多くは、他の病気と見分けがつきにくく、「もしかして膠原病かも?」と手がかりになる程度です。しかし、膠原病に多くみられる症状というものもあります。それがレイノー現象です。
急に寒いところに行ったり、冷たい水を触ったときに、指先が白くなります。その後、紫、赤と色が変わって元の色に戻ります。このときに痛みや痺れを感じることもあります。
このように文章にすると、よくある手指の冷えによる生理現象に思えます。しかし、レイノー現象の場合は本当に指だけがある位置からハッキリと色が分かれるほどの比較的激しい変色をきたすので見分けがつくのです。

PR