これはビックリ!実は密接な関係がある高血糖と癌のリスク!
74views

これはビックリ!実は密接な関係がある高血糖と癌のリスク!

「高血糖」って聞いたことありますか?現在、高血糖は、糖尿病予備群として重要な指標となっています。要するに、高血糖であると、糖尿病になりやすいという訳です。また、糖尿病とガンは密接に関係していて、高血糖と癌のリスクは、比例しています。ここでは、高血糖と癌の関係について詳しく見ていきましょう。

高血糖って何?

血糖値が高い状態が続くこと

高血糖とは、血糖値が高い状態が続くこと高血糖とは、血糖値が高い状態が続くことを言います。通常、健康な人は、血糖値が上昇するとすい臓から最適な時間に最適な量のインスリンが分泌されて、その働きにより自動的に血糖値が下がるのですが、高血糖の方は、インスリンの分泌量が少なかったり、分泌する速度が遅く、血糖値は低下しません。そのため、血糖値が高い状態がずっと続くという訳です。

食後は、健康な人でも高血糖になりますが、通常は血糖値が下がります。食後、血糖値が下がらない人は要注意ですよ。

高血糖が続くと糖尿病になる!

糖尿病とは?

糖尿病は、高血糖状態が続くと発症する病気です。喉が渇きやすかったり、トイレが近い、できものができやすい、傷が治りにくい、だるい、疲れやすいなどの症状が見られます。また、高血糖が原因で、動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、白内障などの合併症がおこりやすくなりますし、細菌やウィルスへの抵抗力も弱まるので、腎盂炎や膀胱炎、気管支炎などにもかかる確率が高くなります。

糖尿病を発症する方は、運動不足や食事の欧米化によって引き起こされるので、どちらかと言うと、肥満な方が多いと言われていますよ。

糖尿病と癌の関係は?

糖尿病患者は癌になりやすい!

実は、欧米の報告を中心とする世界の複数の研究を統合した結果によると、糖尿病疾患を持っている方は、ない方に比べて、癌にかかるリスクが高くなることが報告されています。男性では約27%、女性では約21%、発症リスクが高くなるようです。また、男性は肝臓がんや腎臓がん、すい臓がんでリスクが2倍になっています。一方、女性は、卵巣がん、肝臓がん、胃がんでリスクが高いという結果が出ています。驚くべき結果ですね。

糖尿病の方はなぜ癌になりやすいのか

詳しいメカニズムはまだ分かっていませんが、肥満の合併、血糖を処理するホルモンのインスリンが効きにくくなることにより引き起こされる高インスリン血症やIGF-1ホルモンの上昇、また、高血糖自体の関与の可能性が言われています。とにかく、高血糖と癌のリスクは、切っても切れない関係と言えますね。

高血糖の方は癌になりやすいことは分かりましたか。要するに、一つ病気を患うと、様々な病気を引き起こす可能性があるという事です。現在、健康な方は、まず予防することが大切ですね。

高血糖や糖尿病にならないためには?

喫煙や過剰飲酒はやめよう!

喫煙や過剰飲酒はやめよう!喫煙や過剰飲酒は、高血糖を引き起こす最大の原因と言われています。血糖値が高い方は、すぐにやめましょう。

栄養バランスの良い食事を心がけよう

高血糖を回避するには、栄養バランスの良い食事を摂るようにしましょう。食べ過ぎて、肥満になるのも良くないですよ。

適度な運動をしよう

適度な運動をしよう病気にならないためには、適度な運動が必要です。ウォーキングやジョギング、ジムに通うなどなんでもいいので、生活の中に運動を取り入れるようにしましょう。毎日、少しでも良いので、続けることが大切ですね。

定期健診を受けよう

病気を早期発見するためには、定期健診が欠かせません。最低でも年に1回は、健診を受けるようにしましょう。病気を早く見つけることができれば、完治する可能性も高くなりますよ。

PR