子供の乗り物酔いに困っているという方必見!効き目抜群な対処法をご紹介!
66views

子供の乗り物酔いに困っているという方必見!効き目抜群な対処法をご紹介!

子供の乗り物酔いが酷いと家族で遠出するというときにとっても大変ですよね。せっかくの長期休みにもなかなか出かけられなくて困ってしまいます。乗り物酔いになってしまうメカニズムや症状を知っておくと、いざというときに役立ちます。急な乗り物酔いにも対応できる対処法についてまとめました!

子供の乗り物酔いのメカニズムとは・・

子供の乗り物酔いのメカニズム

子供も大人も乗り物酔いのメカニズムは同じです。しかし、乗り物酔いになりやすい人もいれば、ならない人もいるように個人差があるものです。乗り物酔いの大きな原因は、目から入ってくる情報と頭が処理する情報にズレが生じることによって引き起こされます。また、乗り物の揺れや速度の変化によって、耳の中にある方向感覚をつかさどる三半規管と呼ばれる部位が混乱して引き起こされます。このような体の不快な感覚に対抗して脳はホルモンを分泌します。このホルモンの働きによって、乗り物酔いの様々な症状があらわれます。

子供と大人の乗り物酔いの違いとは・・?

子供の乗り物酔い

一般的に乗り物酔いになりやすい年齢というのは小学生から中学生と言われています。これはなぜかというと、乗り物酔いに深く関わっている三半規管の発達期にあたる時期だからです。三半規管が発達しきっていないと乗り物酔いになりやすくなってしまうのです。子供の乗り物酔いが三半規管が未成熟であることが原因で引き起こされるのであれば大人の乗り物酔いはどうして引き起こされるのでしょうか?

大人の乗り物酔い

大人になっても乗り物酔いを良くするという人は、乗り物に乗る機会が少なかった人だと考えられます。乗り物酔いをしないようにするためにはある程度の慣れというものが必要になります。乗り物酔いを克服したいと思っている方は、積極的に乗り物に乗るようにしていくと良いかもしれません。大人の場合乗り物酔いの原因はいろいろなことが考えられます。あまりにもひどい乗り物酔いをしてしまうようであれば、病院での検査が必要です。

乗り物酔いをしないようにするためにできるコト

対策の定番!乗り物酔い防止の薬を飲む!

子供の乗り物酔い防止

この方法は多くの人が実践している方法だと思います。ただ薬を飲めば良いというわけではなく、用法容量を守って飲むことはもちろん、飲むタイミングもきちんと守って飲むことが必要です。薬の説明書を読んでみると、乗り物に乗る30分前に飲むように書かれています。乗り物酔いの薬は、乗り物に乗る直前に飲んでも意味がありません。成分が体に作用するのには時間がかかるので乗り物に乗る30分前に飲んでおくことが大切です。

スケジュールを計画的に立てることが大切!

子供の乗り物酔い対策のためにスケジュールを立てる

子供が乗り物に酔いやすいということが分かっているのであれば、出かける際にそのことを考えて予定を立てることが大切です。乗り物に酔ってしまうタイミングを予想して、途中で休めるところを探しておいたり、外に出てゆっくり休める時間をあらかじめ予定に組み込んでおくと急な乗り物酔いにも対応できて良いです。乗り物酔いは時間をおけば治るものなので、薬を飲み忘れた場合もちょっと休んで外の風を浴びたり、新鮮な空気を取り入れるだけで和らぎます。

乗り物に乗る時のコツをつかむ!

この方法はあらかじめ子供にしっかりと乗り物に酔ってしまう原因を説明して教えてあげることが必要な方法です。乗り物酔いは頭や体の揺れなどによって三半規管がパニックを起こしてしまうことで引き起こされるので、乗り物に乗る時にはなるべく頭を動かさないようにすることや、きょろきょろせずに同じ方向を見ているようにすると大分違います。

PR