遠出の前に知っておきたい!乗り物酔い予防に使える5つのポイント
100views

遠出の前に知っておきたい!乗り物酔い予防に使える5つのポイント

夏休み、帰省やレジャーで車に乗っての移動する事の多いこの季節、車など乗り物に弱い人にとってはつらい時期でもありますよね。そんなツライ乗り物酔い予防や酔ってしまったときの乗り切り方について調べてみました。

車酔いする人必見!乗り物酔い予防にすぐに使える対処法

車は便利なものだけど、体調や運転者の技量次第で車酔いしてしまうこと、ありますよね。車酔いしたらその後のスケジュールにも支障をきたしてせっかくの楽しいドライブも台無しです。そうならないためにも、車酔いしたときに知っておくと便利な知識を紹介します。

車酔いに効く方法

車酔いに備えて前もって準備しておきたい事…5つのポイント

1.車に乗っての旅行など車に乗る前日は十分な睡眠をとっておく。

2.車に乗るとき、満腹や空腹時は避ける。また、乗る前に酔い止めの薬を飲んでおく。酔ってから薬を飲んでも効果はあまりありません。

3.お腹を締め付けるような服装は避けたほうがいい。

4.進行方向の遠くの景色を見るように。読書やゲームは厳禁です。

5.おしゃべりをしたりして気をそらす。「酔うかも…」という不安は自ら酔ってしまう暗示のようなものです。

柑橘系は口にしないほうが良いようです。香り自体は爽やかな香りでよさそうですが消化に悪く吐き気をもよおし易いです。香りだけにして口にするのは避けましょう。

酔ったかな?と思ったときは?

とりあえず最初に窓を開けて風に当たるのが手っ取り早いです。できれば休憩を取りましょう。頭を冷やすのもいいですね。車酔いに効果があるといわれるツボを押すのも意外と効果的。分かりやすく有名なのは「合谷(ごうこく)」と呼ばれる万能のツボ。位置は親指と人差し指の間、手の甲側にあるちょっと凹んだところにあります。このツボをグイっと押しましょう。また、手首の指幅3本分下に下がった位置にある「内関(ないかん)」も吐き気などに効果があるそうです。覚えておくと、車酔い以外の吐き気のコントロールにも役立ちそうですね。

車酔いに効く手のツボ

乗り物酔い予防に効果が期待できる食べ物はどんなのがある?

◆チョコレートやアメなど甘いもの…血糖値が上がって脳が活発に働きはじめるので乗り物酔いの予防効果が見込めます。

◆炭酸水…サイダーやラムネなどの炭酸水は胃の調子や自律神経を整え、身体を自然な状態に保ってくれます。

◆梅干…梅干に含まれるピクリン酸が肝機能の活性化を促して毒を排出し、酸味が三半規管を調整して車酔いを解消してくれて、酸味が胸のむかつきを抑えてくれます。

◆ショウガ…胃の過剰な働きを抑えて、吐き気を抑えてくれると言われています。

車酔いに効く飴やチョコ

乗り物酔いが心配なとき避けたい食べ物

逆に乗り物酔いしやすい食べ物としては、みかんなど柑橘系の果物やアイスクリーム、ヨーグルト、チーズケーキなどの乳製品や卵などが挙げられます。

乗り物酔に”速攻”で効く対処法はある?

乗り物酔いや二日酔いの原因には、自律神経の働きが関係しています。なので、副交感神経の働きをおさえるために、乗り物酔いや二日酔いをしたら、大きな氷の塊をできるだけ長くゆっくり口の中で溶かすと吐き気が抑えられるということらしいです。このとき、噛んではいけません。舌で転がすように出来るだけ長くなめるのがコツです。この方法はかなり即効性があるといわれています。

しかし、なぜ即効性があるのでしょうか?乗り物に乗ると副交感神経が活発になり、胃液などが過剰に分泌されます。これが乗り物酔いや二日酔いの状態です。この時 、冷たい氷を口に含むと氷の冷たさが交感神経を刺激し活発になっている副交感神経の働きが抑えられ、胃液の過剰分泌などが治まるので、結果、乗り物酔いや二日酔いの吐き気が抑えられるのです。

PR