二日酔いに効く飲み物がありました。これで飲み会も怖くありません!
217views

二日酔いに効く飲み物がありました。これで飲み会も怖くありません!

ついつい飲み会などがあると羽をはずしすぎてしまい、二日酔いになってしまうことはありませんか。そこで二日酔いに効く飲み物をご紹介します。二日酔いを治すことができる効果的な飲み物は、二日酔いの症状によって、全く違います。頭痛があればコーヒーを、脱水していればスポーツドリンクやお茶、味噌汁が効果的です。

二日酔いに効く飲み物とは

症状別に二日酔いに効く飲み物を選びましょう

二日酔いにきく飲み物は

二日酔いに効く飲み物はどのタイプの二日酔いでも効果があると言うわけではありません。そこで二日酔いに効く飲み物を症状別に紹介いたします。

頭がズキズキと痛むとき

珈琲や牛乳

ズキズキ頭痛の二日酔いに効く飲み物はコーヒーや牛乳が効果があります。アルコールを飲むと、血管が広がります。血管が広がることによって、気分が明るくなるのですが、この血管が広がった状態が長く続くと、ズキズキとした痛みになってしまいます。そこでコーヒーを飲むと、広がった血管を収縮させる効果があるので、ズキズキ痛む頭痛に効果があるのです。牛乳にも血管を収縮させる効果があります。コーヒーを飲むと、逆効果のようにも思えますが、こうしたズキズキとした痛みのある頭痛には有効なのです。

飲んだよく朝、異常なほど喉が渇いているときは?

二日酔いには水分補給

お酒を飲んだ後、異常なほど喉が渇いてしまうことがあります。翌朝、水などを飲んでも飲んでも、喉が渇いて仕方がないときは、脱水が原因と言えます。アルコールで水分補給したから大丈夫と思っている貴方!それはとっても間違った答えなのですよ。アルコールには利尿作用があります。一般にアルコールを50cc飲んだら、約600ミリリットルから1Lの水分が排出されます。そのためお酒を大量に飲んだ後は、喉がかわいてしょうがないのです。そこでスポーツドリンクや、しじみなどの具が入った味噌汁、お茶などを飲んでしっかりと水分補給を行いましょう。

低血糖症になることも!

二日酔いにリンゴやグレープフルーツがおすすめ

アルコールを飲むと、飲んだ後の分解処理は、肝臓でおこなわれています。肝臓はアルコールを分解することに集中して分解を続けていきます。すると肝臓で保管していた糖分が、分解処理に使われて行くために、肝臓の中にためていた糖が、だんだん勝手に使われていくのです。低血糖症になるケースもあります。低血糖症になったら、果糖が効果的に身体に吸収されるので、糖分を含んだりんごやグレープフルーツなどを取りましょう。またコーンフレークにも糖分が含まれているので、牛乳とともにいただくと低血糖症が原因の頭痛に効果があります。

アセトアルデヒドが原因の頭痛について

二日酔いにヒマワリの種やゴマがおすすめ

アルコールを分解するときに肝臓で働き、またアルコールを分解するときに生まれる物質です。この物質が体内に残り続けていることにより、二日酔いの原因となります。そこでアセトアルデヒドを解毒するための飲み物が必要になります。シジミやヒマワリの種、ゴマなどがこの物質を解毒してくれます。シジミの味噌汁にゴマをトッピングして飲めば、アセトアルデヒドが原因の頭痛を治すことができます。

胃酸が過剰に分泌される二日酔いを治すには

二日酔いに重曹水がおすすめ

胃酸が原因で、嘔吐したり、下痢になってしまう二日酔いは、胃酸が過剰に分泌されることによってひき起こります。そこで、胃酸の分泌を押さえる飲み物を飲むと効果的です。ショウガ入りのスープを飲んだり、重曹水を飲むと、胃酸の分泌を押さえることができます。重曹水の作り方は、水1カップに対し、小さじ一杯の重曹を入れて飲むのです。毎回飲みすぎた翌朝は、胃酸が出てしまうという方は、あらかじめ重曹水を作っておき、飲み会があるときに一緒に重曹水を飲んでおけば、翌朝、すっきりと目覚めることができるでしょう。

PR