熱中症と間違いやすい「夏血栓」とは?夏血栓の対策と予防法について
246views

熱中症と間違いやすい「夏血栓」とは?夏血栓の対策と予防法について

だるいなどの倦怠感がある、あるいはめまいがする、頭痛があるなどの諸症状は、よく「熱中症の症状」として大々的に発表されていますね。もちろん、熱中症かもしれませんが、もしかしたら、熱中症ではなく「夏血栓」かもしれません。熱中症よりも命の危険がある夏血栓の対策についてまとめました。

熱中症と勘違いする?「夏血栓」とはどんな病気?

暑い時期でも血栓がおこる

暑い季節になると、マスコミなどもこぞって「熱中症」について報道します。

熱中症とは、いわゆる高温によって体内の水分が足りなくなったり、体温がこもってしまったりすることによる、めまい、頭痛、あるいは嘔吐や寒気などの諸症状が現れます。

中には命の危険が伴うような重症化することがあり、多くの人が暑い夏になると「熱中症対策」などとして色々と対策を講じますね。

一方で、熱中症と同じような諸症状があらわれて、なかなか発見されづらいのが「夏血栓」です。

夏血栓とは、その名前の通りで「夏に起こりやすい血栓」ということです。夏の暑さが原因で、体が水分不足になり血液がドロドロしてしまうことによって血栓ができやすくなってしまい、発生した血栓によって心筋梗塞や脳梗塞などの大病を引き越してしまうのです。

夏血栓が出来る理由は?

普段から運動不足であったりして、新陳代謝が良くなかったり、あるいは新陳代謝が良いけれど、汗をかいてもこまめに水分を摂らないときに血液が水分不足となりドロドロとなってしまい、血栓を発生させてしまうことが大きな原因のひとつです。

なぜ夏に起こるのか?

涼しくて水分不足に気が付きにくい

夏に血栓が起こりやすい原因は、このように水分不足によるものです。夏の場合、この脱水症状が顕著に表れるのが32℃以上であるということがデータとして残っています。

またデスクワークで、クーラーの効いた部屋で仕事をしていると、少しの暑さでも、水分が奪われているのにもかかわらず、自分が脱水症状になりつつあるということがクーラーのせいで分かりにくくなっていることがあるそうです。暑い、寒いに関わらず、夏という季節は、基本的に水分を体から奪ってしまうのです。

夏血栓の予防と対策について

どうしても、夏血栓の諸症状が熱中症ににていることがあり、まずは多くの方が夏血栓よりも熱中症を疑うでしょう。ただし、血液中に出来てしまった血栓は、水分補給などで血栓が消えるわけではありません。きちんと夏血栓の予防と夏血栓の対策についても考えていきましょう。

こまめな水分補給を

熱血栓も熱中症も予防には水分補給が大事

夏血栓も熱中症も、大切なのはこまめな水分補給です。

脱水症状になってしまうことを防ぐ、また、血液がドロドロとしない、常に血液も潤っていて、うまく体内をめぐってくれることを考えましょう。体内の温度を下げること、血液を上手く流すことなどによって、血栓が出来にくくすることができるでしょう。

同じ姿勢でいることを避けよう

デスクワークでは休憩をとって体をほぐしましょう

夏血栓だけではなく、血栓を起こさせないようにするためには、同じ姿勢でずっと仕事をすることも良くありません。これは夏に限らず、血栓を防ぐ効果がありますが、夏は血栓が出来やすい時期ということもありますので、いつもよりも気をつけておくことも大切ですね。

夏血栓は怖い病気です!早めに対処を

血栓が、脳や心臓に到達してしまうと、死亡率がぐんと上がってしまいます。

脳に限ってしまうと予後も悪いです。ですから、熱中症の諸症状で、さらに嘔吐がやめまいなどが酷い場合には、夏血栓の可能性もないわけではないと把握しておくこと。これは大事なことになります。

PR