夏血栓の原因はエアコンと汗!こまめに水分補給を行い予防しましょう
86views

夏血栓の原因はエアコンと汗!こまめに水分補給を行い予防しましょう

夏血栓の原因はエアコンの乾いた風と、外出したときに大量の汗をかくことが原因です。また節約のためにエアコンを切っていると、脳梗塞になるリスクが高まるので注意しましょう。夏は一日に1.5リットル以上の水分を取るように心がけましょう。

夏血栓って何?

夏の血栓症とは

夏も血栓になりやすい

夏血栓とは、夏に起きる血栓症のことを言います。

血栓症とは、脳の血管内に血液の塊が出来、血液の流れを邪魔したり、または血液が流れなくなってしまいます。日本人の死因のトップ3にも脳血管疾患があるので、気を付けなければなりません。

夏血栓症は、冬に比べると気を使う人はいない

血栓症は誰もが冬になるというイメージを持っているのではないでしょうか。そのため、冬に比べて夏は血栓症に気を使う人はあまりいません。しかし夏も血栓症になりやすい時期でもあるのです。

夏血栓の原因とは

エアコンの効いた室内が夏血栓の原因に!

涼しくてもエアコンで体の水分は奪われている

夏血栓の原因は、外出時に大量の汗をかくことです。

大量の汗をかくことによって、血液中の水分量が少なくなるため、血液がドロドロになってしまうことが原因なのです。また室内でエアコンの風にずっとあたっていると、湿度が低くなり、部屋全体が乾燥し始めます。

この乾燥も夏血栓の原因となります。エアコンの効いた室内は涼しく湿度の低い場所であるため、喉の渇きをあまり感じませんが、実は身体から水分が奪われていくため、エアコンの室内でもこまめに水分補給をしなくてはいけません。

夏は少なくとも1.5L分の飲み物が必要です

夏に必要な水分量は成人の場合だと一日2.5L必要だとされています。そのうち、食事に含まれる水分量が1Lだとすると、飲み物からは少なくとも1.5Lは必要です。しかし実際には1.5L以下の水分しか取れていません。

ビールの飲み過ぎは脱水症が進むことに

ビールの飲み過ぎは脱水症状に注意

水分補給はビールを飲んでいるから自分は大丈夫だ!と本気で信じている人はいませんか?

実はそれは間違った考え方だったのです。

ビールの飲み過ぎは脱水症が進む原因になります。ビールを飲むと排尿効果があるため、飲んだ分以上に身体から水分が抜けていくため、アルコール以外で水分補給をしていかないと、脱水症が進む原因となるので注意が必要です。

気温32度を超えたら、夏血栓症に注意!

外気温が32度超えると、夏血栓症になるリスクが非常に高まります。高危険度の場合だと、最高気温が35度以上で、前日との気温差が10度以上もある場合、最低気温と最高気温の差が10度以上あるとリスクが高まるので注意が必要です。

熱中症と同様に気をつけましょう

夏血栓は熱中症と同様に気をつけなければなりません。室内にいるときは、こまめに水分補給をすることが大切です。暑い日はエアコンをかけることも大切です。倒れて救急車で運ばれてくる人たちの中には、節電のために、暑い室内で過ごしていたという方も多いので注意が必要です。

若い女性が注意したい夏のダイエット

夏血栓は高齢者がなるようなイメージがありますが、実は若い女性も注意が必要です。夏にダイエットをしすぎたりすると、栄養不足や脱水症状が進んでしまい、若い女性でも夏血栓になってしまうことがあります。

夏血栓の予防策とは

水分補給にきを配りましょう

水分補給をこまめに行う

夏血栓を予防するには、こまめに水分補給をすることです。

またアルコールを飲むときは、水を飲みながら飲むと脱水を防ぐことができます。外出時に暑さを感じたら、涼しい地下街を通ったり、なるべく日陰を歩くようにしましょう。汗をかいたら、塩分の含まれたスポーツドリンクを飲むとよいでしょう。

PR