イヌやネコにひっかかれたときの対処法は?応急処置法や対処法をご紹介
5,945views

イヌやネコにひっかかれたときの対処法は?応急処置法や対処法をご紹介

イヌやネコにひっかかれたときにはあわてず的確な処置をほどこしましょう。ご自分もしくは一緒にいる家族や友人などがひっかかれたときに焦らないで済むよう知識を持っていると安心です。ここでは応急処置法と対処法を解説します。

イヌやネコにひっかかれたときは処置が必要

犬や猫にひっかかれたらすぐに処置

たとえば出血するほどのひっかき傷であれば病院にかかることを考える方は多いでしょう。しかし、かすり傷のように少しだけ傷がある程度にひっかかれたときには何も処置をしないままですませてしまう方も少なくないのでは?しかし、イヌやネコにひっかかれた跡はそのままにしておくと危険な状態になることもあります。

なぜ処置が必要になるの?

野良犬や野良猫には雑菌がいっぱい

イヌヤネコの爪には雑菌がたくさんついています。外側からつく雑菌のほか口腔内にもさまざまな雑菌が繁殖しており、手足をなめたりするとその雑菌がつくことに。特に屋外で飼われていて何日も洗っていなかったたり、野良犬や野良猫であったるすれば雑菌はさらに多いことは想像がつくでしょう。

「ネコひっかき病」という外傷

ネコやイヌにひっかかれた跡から細菌が入り、赤くはれたり頸部のリンパ節の痛み・はれ・発熱などが起こります。日本人の場合はネコのひっかき傷から発症することが多く、ネコやイヌがもっているバルトネラ属の菌に感染して発症するものです。

イヌやネコにひっかかれた時の応急処置

傷口が軽いとき

軽くひっかかれた程度で傷口が浅く、けがの程度が軽いときはまず水道水などの清潔な水で洗い流します。そして消毒液を使って傷口を消毒。清潔なガーゼで傷口をおおってから病院へかかります。

傷がひどいとき

出血がひどいときには止血を優先

傷口が大きい、もしくは深い場合や少量出血している場合も同じように水道水で洗い流したり消毒液での消毒ができれば行います。
もし出血が多いときは止血を優先し、タオルなどでしっかりとおさえて病院へ行きましょう。

止血のポイント

直接圧迫法

出血している傷口に、清潔なタオルやハンカチなどを直接あてておさえる止血方法です。自分で止血できない場合は他の人におさえてもらいますが、おさえる人は血液が付かないようビニール手袋をしたりなければレジ袋で代用をするなどの対策が必要です。
また、傷が手足の場合には心臓よりも高い位置になるようにすると止血効果があがると期待できます。

間接圧迫法

すぐにタオルやハンカチが用意できないとき、傷口を直接おさえるのではなく「止血点」と呼ばれるポイントを圧迫する止血法です。傷から近い止血点をおさえますが、たとえばひっかき傷が手にあれば手首を、前腕であれば脇寄りのところと手首をぎゅっとおさえておきます。
しかし関節圧迫法は一時的な処置のため、タオルなどが用意でき次第間接圧迫法をやめて直接圧迫法に切り替えましょう。

必ず受診する

子供は特に注意

子供は免疫力が低く破傷風などにかかりやすいので注意

健康で元気な成人でひっかき傷も軽ければ、消毒をして様子をみているうちに治っていく場合もあります。しかし、小さな子供の場合は免疫力が大人よりも低く、特に破傷風にはかかりやすくなっています。破傷風はかまれた時だけでなくひっかかれたときにも心配な病気のため、必ず小児科や皮膚科にかかりましょう。
もしもの時に備えて破傷風の予防接種を3回受けておくと対策になります。

長引くときは抗菌薬など

ひっかき傷の手当てをきちんと行い、医師の指示のとおり様子をみていれば次第に回復していきます。ですが症状がなかなか回復しないときには、抗菌薬が処方されることに。さらに重症の場合には集中治療室へ入ったり入院したりして治療を受けます。

PR