自分でも他人でも気になる!体臭が甘いのはなぜ?その理由5つを紹介!
365views

自分でも他人でも気になる!体臭が甘いのはなぜ?その理由5つを紹介!

体臭が甘いのは何かの病気なのでしょうか?それとも体質によるものでしょうか?確かに体臭は体質や年齢によって差があるものです。しかし、食事の内容や量によっても大きく変化します。また、女性の場合はそれだけで甘い香りであることも多いようです。

体臭が甘いのは病気のサイン?

体臭が甘いのはよい香り?

ふとしたときに体臭が甘くなっていることに気がつくことがあります。体臭が甘いのは、嫌な臭いに比べてよいもののように感じますが、偏った食生活や病気が原因である場合もあります。
一方で、生まれつき良い香りの体臭の人もいるので、体臭の香りが甘いからといって心配する必要はありません。
ただし、急激に体臭が変わるのは何かしらの変化が体に起きている場合もあるので注意はしておいた方がよいでしょう。

体臭は体質や体調の変化を示す?

多くの人は自分の体臭に気がつくことはほとんどありませんが、自身の脱いだ服や使用後の寝具などにはその人の臭いが染み付いているものです。普段、嗅ぎ慣れているはずの自分の臭いが気になったときは体臭が変わったサインかも知れません。
体臭が変わるのは体質や体型が変わったり、加齢などの他、体調によっても変化します。風邪などの軽度のときにはあまり気がつきませんが、内臓の病気やガンなどの場合には独特の臭いがすることがあります。

体臭が甘い理由5つ

体臭が甘い場合には5つの理由が考えられます。

【1】女性だから

甘い香りは女性らしい体臭

女性にはあまりわからないことですが、男性にとって女性は独特の甘い香りがします。その香りの正体はフェロモンなのか、女性の皮脂の臭いなのか、定かではありません。しかし、一般的に女性は男性よりも体臭が甘いことが多いことは確かなようです。
男性がこのことに気がつくのは女性の使用した寝具の香りを嗅いだときなどです。この香りは髪や服についている芳香剤とは違う、ほのかな甘さのするものです。この場合の甘い香りというのは病気や体質というより女性だから、としか言えないものです。

【2】肉食が多い

甘い体臭は肉食が多いから?

体臭は食事の内容によっても変化すると言われています。菜食主義のような食事の人は比較的体臭が少ないと言われいる一方で、肉食や油ものが多いメニューばかり食べている人の体臭が甘くなることが多いようです。
これは皮脂の分泌が増えるために体臭が強くなるためだと言われています。体質によって必ずしも甘い匂いになるとは限らないようですが、外食が増えたり、ジャンクフードを立て続けに食べると体臭は確実に変わってきます。

【3】ダイエット中

甘い体臭はダイエット臭?

体臭は食事の内容だけでなく量によっても変化します。例えば、ダイエット中でかなり食事制限をしている場合にはダイエット臭と呼ばれる臭いがするようになります。
体臭として甘い香りがするのが特徴ですが、一方で唾液分泌が少なくなったり内臓に負担がかかることで口臭がきつくなることがあるので注意が必要です。

【4】糖質制限をしている

甘い体臭は糖質制限しているから?

食事療法として糖質制限食をしている人は体が炭水化物から得るエネルギーではなく、ケトン体という物質からエネルギーを得るようになります。
このようにエネルギー代謝がケトン体に切り替わると尿や血液の中のケトン体が増えるために体臭からもケトン体の独特の香りがするようになります。この香りも個人差はありますが、基本的には甘い香りです。

【5】糖尿病

糖尿病では体臭は尿の臭いが甘く変化する

糖尿病になると体臭に変化があることが多いと言われています。ただ、糖尿病の場合には体臭の変化よりものどの乾きや疲労感など、他の症状が気になることが多いようです。

また体臭よりもトイレに行った時に香りがすることで違和感を感じることも多いようです。尿の香りというのは食べものによって左右されることが大きい部分もあるので、一度くらいは甘い香りがすることもあるかも知れませんが、何日も続けて甘い香りがしたときには病院で血液検査を受けることをおすすめします。

PR