妊娠中に出るかゆみ、妊娠性痒疹ってどういうもの?
148views

妊娠中に出るかゆみ、妊娠性痒疹ってどういうもの?

妊娠性痒疹は妊娠期間中に出る症状で、原因は明確にはなっていません。妊娠期間が終わると症状はおさまることがほとんどですが、次に妊娠した際に症状が出る可能性があります。症状を緩和させるための対策として、保湿や冷やすことが挙げられますが、辛い時には医師に相談し、薬を処方してもらう選択もあります。

妊娠中に出る妊娠性痒疹って何か原因があって起こるもの?

妊娠中は肌トラブルもありがちです。その中で、妊娠性痒疹という症状があります。似ている症状にじんましんや湿疹が挙げられます。

じんましんは植物や食べたもの、また疲れなどが原因で出ることがあり、基本的に短い期間に出ておさまります。出る範囲は広範囲であることが多いです。湿疹は体の一部分に出ることが多く、外部からの刺激で出ますが、薬などで出ることもあり、おさまるまで時間がかかることが多いです。

妊娠中に出る妊娠性痒疹の原因
じんましんも湿疹も、かゆみを伴うというのが大きな特徴です。妊娠性痒疹も、強いかゆみを伴うことが特徴として挙げられます。そして、妊娠性痒疹は、出る期間が妊娠中に限られることが多いのですが、妊娠期間が済んでも、症状がおさまらないケースもあります。

できればその原因を知り、しっかりと治したいものですが、妊娠性痒疹はその原因が明確になっていません。妊娠したことによる体の変化、ホルモンバランスなどが関係しているのではないか、といわれていますが、現時点では根本的な原因はわからないそうです。

妊娠性痒疹は妊娠後、もう症状が出なくなるもの?

妊娠中、できるだけ体に気をつけて快適に過ごしたいものですが、妊娠性痒疹の症状が出てしまうと、かゆみや、妊娠性痒疹の出た部分の赤さも気になりがちです。妊娠期間が終わった後にだいたいの場合は症状がおさまるのが妊娠性痒疹の特徴ですが、ではもうその後妊娠性痒疹の症状は出ないのか、という疑問があるでしょう。

妊娠中に出る妊娠性痒疹の妊娠後の症状

妊娠性痒疹は、次に妊娠した際にもその症状があらわれやすい、といわれています。ただ、絶対に妊娠性痒疹が一度出たからと次も出るというわけではなく、人により個人差はあります。しかし、妊娠が終わり、妊娠性痒疹も終わったと思っていたところ、次の妊娠でまた同じ症状が出る、という可能性があるのです。

妊娠性痒疹は、冷やしたり、保湿することで症状は軽減することが可能です。妊娠期間が終わるとおさまることがほとんどですから、その期間は大変ではありますが、妊娠期間中の辛さを和らげられる方法を探すことも重要です。

妊娠性痒疹を緩和するための対処法はどんなものがある?

妊娠性痒疹への対策はもちろんですが、妊娠中は肌が敏感になりがちでもあります。使用している石鹸や洗顔フォーム、スキンケア用品を見直し、肌への刺激の少ないものを選びましょう。また、身につける下着や肌着も肌に優しいものがよいでしょう。

妊娠性痒疹を緩和するための対処法

自宅ではこまめなスキンケアや冷やす、保湿といった方法がありますが、それでも辛ければ、医師に相談しましょう。かかりつけの産婦人科や、皮膚科で相談するとよいでしょう。医師に相談し、妊娠性痒疹の対処法を考えてもらうことで、症状の改善が期待できますし、妊娠性痒疹に対してのストレスも緩和されるのではないでしょうか。

医療機関では、かゆみを緩和する軟膏や症状を緩和する飲み薬などが処方されると考えられます。皮膚科で薬を処方してもらう場合には、妊娠していることももちろん伝えます。薬の使用法などについてもきちんと確認し、正しい方法で使用しましょう。

PR