ストレスで痒みの症状が出るの?その痒みの対処法は?
43views

ストレスで痒みの症状が出るの?その痒みの対処法は?

ストレスで痒みの症状が現れることがあります。どうしてストレスで痒くなるのでしょうか?それは、人間の持つ免疫力が関係しているようです。ストレスで痒みの症状が出るストレス性皮膚炎の原因や対処法についてご紹介しましょう。

その痒み、ストレスが原因かもしれません

ストレスで痒みの症状が出ることがあります。

イライラしたり、悩み事があると全身が痒くなってくるのです。ストレスで痒みの症状が出る、ストレス性皮膚炎の症状や原因、対処法をご紹介しましょう。

ストレス性皮膚炎の症状は?

ストレス性皮膚炎の症状は?

ストレスで痒みが出るストレス性皮膚炎は、腕や足、背中など、体に湿疹ができてしまう病気です。湿疹は痒みを生じ、薬を飲んでも痒みが治まらないこともあります。

ストレス性皮膚炎の原因は?

ストレス性皮膚炎の原因は?

ストレス性皮膚炎が起こる原因は、過剰なストレスによって、免疫力が低下するからです。皮膚の炎症を薬で抑えても、心にストレスが掛かっていると、根本的な解決ができないため、皮膚の炎症は治まりません。

ストレスがたまると、胃がきりきりと痛み出すことがあります。胃腸の調子が悪くなると、免疫力が低下してしまいます。免疫細胞のおよそ60%は、腸の周りにあるとされており、腸の調子が悪くなることで 免疫細胞にダメージを与えて外部の刺激に弱くなります。

ストレスによって、アレルギーの原因となるヒスタミンが分泌され、少しの刺激によって痒みが生じるようになり、掻くことで症状が悪化していきます。さらに、ストレスを受けると自律神経の働きが乱れるため、血流が悪くなります。血流が滞ってしまうと、体に様々な悪影響が出てきます。

ストレス性皮膚炎の対処法は?

ストレス性皮膚炎に対処をするための方法には、薬の服用やストレスの軽減、規則正しい生活などがあります。それぞれを詳しくご紹介しましょう。

【薬の服用】

薬の服用

ストレスで痒みが出ている場合、部分的に湿疹があるときは、薬を塗って症状を抑えることができます。ただ、その薬も何度も使っているとだんだんと効き目が悪くなり、最後には効果がなくなってしまいます。

また、じんましんや湿疹などを抑える薬を飲むことで症状の緩和をすることも可能です。ただ、こちらも同様に長く使うことで効果がなくなることがあります。

【趣味を楽しむ】

趣味を楽しむ

ストレス性皮膚炎に対処するためには、自分の抱えているストレスを軽減することが一番です。ストレスを解消するために、今抱えている問題よりも、夢中になれることを探してみましょう。

好きなことをするときは、夢中になって時間を忘れてのめりこんでいきませんか?ゲームをすることが好きな方は、ゲームでストレスを発散しても良いでしょう。

楽器を演奏することが好きな方は、楽器演奏でストレスを発散しましょう。体を動かすことが好きな方は、テニスや登山などスポーツをすることも良いですね。

【規則正しい生活】

規則正しい生活

ストレス性皮膚炎の改善するためには、毎日規則正しい生活を送ることも大切です。夜更かしをして朝起きれない生活を送ってはいないでしょうか?

自律神経の働きを乱すような不規則な生活はよくありません。夜更かしをしてすることがあるのであれば、それを朝型の生活に変えて早起きをし、生活のリズムを整えましょう。

ストレスで痒みが出たら何科を受診する?

ストレスで痒みが出たら何科を受診する?

ストレスで痒みが出る場合、何科を受診すれば良いのでしょうか?

最初は皮膚科で診てもらうことが多いですが、処方された薬が効きにくくなってくると、心療内科を受診する方法もあります。心療内科では、心のストレスを軽減するカウンセリングを受けることができるため、痒みの症状が緩和できる可能性が高いです。

また、漢方内科などがある病院を探して受診するのも1つの方法です。漢方薬の中には、ストレスに効果のある漢方もあるため、症状の緩和が期待できます。

PR